(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

求めていた・予想していた以上の仕事をするという仕事力。

 「そこまで調べてくれたんですか!」

 「そこまで気付いてくれたんですか!」

 そういった、「こちらが求めていた・予想していた以上の仕事」をされる方がいます。

 ここでいう仕事は、社会人としての仕事だけではなく、プライベートのことでも、学生でも当てはまります。

 

■ 実現不可能ではない。

 普通に会社や組織にいらっしゃる方の中にも、います。

 ということは、僕も含め、多くの人にとって、実現不可能な仕事ではないと思うのです。

 だけど、実際出来ている人が大多数だとは思いません。

 

 

■ ポイントは?

① 「あなたが居るとうまくいく!」と言われるような仕事をしようという意識を持っているかどうか

② それを行動に移せているかどうか

ではないかと思います。

 

■ ①について

 言われた最低限の仕事だけをこなそうと思っている。  

 なるべく仕事を頼まれないようにしている。

 そういう意識で仕事をしていれば、頼まれる仕事(特に、仕事の幅)も増えないし、最低限の仕事だけをこなしていれば、一応「言われたことはやっている」ことになります。

 たとえ自分が関わった仕事がスムーズにいかなくても、「自分はそこまで指示されてない」、「不備に気づかなかった誰々のせいだ」と言えば、一応は済みます。

 

 ここの意識で、まず別れます。

 

■ ②について

 とは言っても、皆さんとても忙しい。

 「分かっちゃいるけど、できないよ」と言いたくなるのも分かります。

 だけど、目を向けるべきは、現にできている人が居るという現実。 

 

 「それは仕事が楽だからだ」、「能力が高いからだ」と切り捨てるのは簡単ですが、出来れば「どうすればできるのか」という、「できる理由」を考えるように、意識をシフトさせたいと思っています。

 

■ 仕事をしてもらう側。

 以上は、仕事を「する側」の話です。

 

 反対に、「こちらが求めていた・予想していた以上の仕事」を「してもらった側」について若干。

 

 せっかく「こちらが求めていた・予想していた以上の仕事」をしてもらったのに、「そんなことまでしなくていいよ」とか「そんなこと聞かなくていいから、言われたとおりにやって」と突き返したら、それで終わりです。

 

 だから、僕は、相手の方の仕事ぶりに感動したときは、素直に、

「そんなところまで気づいてくださって、ありがとうございます。とても助かりました。」という風に、また「こちらが求めていた・予想していた以上の仕事をしてあげよう!」と思ってもらえるように心掛けています。

 

 今日も朝から、「こちらが求めていた・予想していた以上の仕事」に出会うことができました。

 

↓この記事を気に入っていただけましたらクリック(投票)お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

 【関連記事】

当たり前のことを100%徹底すれば,輝く存在になれる!

スピードは,尊い。予想を超えるスピードは,感動を呼ぶ。

信頼を得るのは行動&スピード。

スピードが速い人と遅い人の信頼度。