(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

自分なりの勝ち方を、見つける。

 明日の講演に向けて、「つまり、言いたいのはどういうこと?」ということを煮詰めて煮詰めて考えました。

 

 結果、浮かんだフレーズは、

 「自分なりの勝ち方を見極める」。

 

 

 南アフリカW杯で日本代表がベスト16に勝ち上がったのも、

 ロンドン五輪で日本代表がベスト4に勝ち上がったのも、

 日本なりの勝ち方を見極めたからではないかと思います。

 

 理想とするサッカーはあるけれど、「理想のサッカーをやろうと思ったけど出来なくて、全敗でした」では済まないわけです。

 W杯には、勝つために来た以上、勝つ方法を考えなければならないのです。

 そこで、理想のサッカーではなく、勝つサッカーを選択したのだと思います。

 

■ 「勝つ」と決める。

 まず、「勝つ」と決めます。

 ここでいう「勝つ」とは、人生における勝ち負けとか大げさな話ではなくて、「望んだ結果を出す」という趣旨です。

 勝てたらいいな、ではなく、勝つと決める。

 「楽しめれば、勝たなくてもいい」なら、楽しめる方法を探すことになります。

 

■ どうすれば勝てるか

 勝つと決めたら、「それなら、どうすれば勝てるか?」を考えます。

 

■ それぞれの勝ち方

 ところが、勝ち方に絶対の正解はありません。

 それぞれの勝ち方があると思います。

 美しい勝ち方、カッコイイ勝ち方、泥臭い勝ち方、色々あると思いますし、自分が理想とする勝ち方もあると思います。

 

 しかし、「自分なりの勝ち方で、勝ちを目指す」と決める。

 どうしても、理想とする勝ち方にひきずられますが、自分なりの勝ち方以外を、捨てる。

 そうすることで、「じゃあ、自分なりの勝ち方って、どんな勝ち方?」と思考をシフトできます。

 この思考パターンを、意外と忘れてしまいます。

 改めて意識したいことです。

 

 今日は疲れたので、珍しくチップス食べます。