(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

「やらない理由を考える天才」になっていないか?

 「人間は、やらない理由を考える天才ではないか」と思うことがあります。

 

 頭では、「こういうことをやりたい!」、「こういう風になりたい!」という想いがあるのに、なかなか動き出せない。

 チャンスらしきものが目の前を通っても、躊躇してしまう。

 「忙しい」、「時期尚早」、「成功するとは限らない」のような、もっともらしい「やらない理由」を付ける。

 

 そういう経験はないでしょうか。

 僕は、たくさんあります。

 元来人間は変化を嫌う生き物だと思うので、仕方ないことかもしれません。

 

 他方で、物凄い勢いで動く人も居ます。

 周りからすると、「もうちょっと考えたほうが良いんじゃない?」と思うほど。

 本人に言わせると「直感的に、動いた方が良いと思った」ということかもしれませんが、それは単なる勘ではなく、それまで散々失敗した経験、散々考えてきた経験に裏打ちされたものだと思います。

 

 無謀でも無策でもありません。

 動ける人は、冷静かつ大胆です。

 

 岩のように動かない人もいれば、水のように常に流れる人も居ます。

 

 動ける人のところにチャンスは集まります。

 否、チャンスは平等に来ても、岩のように動かない人は、気付かないのでしょう。

 

 動ける人のところに良い話は集まります。

 「こういう良い話があるよ」と教えてあげても、やらない理由を並べて動かない人には、良い話は集まらなくなります。 

 

 なんでもかんでも動けば良いということではありませんが、アンテナは高くしておく。

 動ける準備をしておく。

 頭に浮かんだ「やらない理由」が、単に変化を恐れる動機なのか、合理的動機なのかを考える。

 

 動ける人になると、人生は好転します。

 

↓この記事を気に入っていただけましたらクリック(投票)お願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ