(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

”安心感”が仕事を呼び込む。

■ ”安心感“

 仕事では、”安心感”が大切だと感じます。

 ここでいう仕事は、何か大きなプロジェクトでなくても、幹事とか、コピーとか、色んなものを含みます。

 

 この”安心感”は、漠然と言うと、”ちゃんとやってくれそうだよね”という感じのもの。

 ”信頼“や“ブランド“ともいえそうです。

 

■ この”安心感“どうやって生まれるのでしょうか?

  仕事の大小問わず、一つ一つの仕事で積み重ねていくものだと思います。

 奇策や近道はなく、地道な積み重ね。

 

■ 安心感が生まれる過程

 最初は、今まで依頼されたことのないAという仕事で信頼を得ます(このときのAは、比較的簡単な仕事だったりします)。

 すると、またAという仕事を依頼されます。

 次に、今まで依頼されたことのないBという仕事を依頼されます。

 Bを依頼されたのは、Aで信頼を得たからです。

 Aの仕事ぶりを見ると、Bを依頼しても大丈夫だと信頼されたわけです。

 しかし、Bという仕事は、さほど難しくなく、しかも上司やチームによるバックアップがあります。

 それを積み重ねていくと、どんどん難度が高く、かつ、依頼されたことのない仕事を依頼されます。

 そして、いつしか”ちゃんとやってくれそうだよね”という安心感を生みます。

 

 結局、”安心感”は、持っている資格や肩書きだけで判断されるわけではなく、その人の人間性や仕事への取り組み方等の総体だと思います。

 

 

 こう考えていくと、依頼したことのない仕事を依頼する側は、ある種の”賭け”をしています。

 ”今まで頼んだこと無い仕事だけど、あの人なら出来るだろう”という”賭け”です。

 

 賭けるかどうか。それは、安心感があるかどうかです。

 

■ 安心感の維持 

 この”安心感”は、一度獲得すれば維持されるものではありません。

 期待に背くような手抜き仕事をしてしまうと、二度と賭けてくれないかもしれません。

 そう考えると、”安心感”は、築くのも大変だし、維持するのも大変。

 だけど、安心感を築き、維持できれば、その安心感自体が仕事を呼び込む武器になると思います。

 

↓この記事を気に入っていただけましたらクリック(投票)お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ