(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

僕が考える「幸せ」の定義〜for you経由のfor me〜

■ 「幸せって何?」

 散々語り尽くされた感のある話ですが、哲学ではなく、僕が「実感を通して」、現時点で至った結論。

 

■ for you経由のfor me

 幸せには色々な形がありますが、「for you経由のfor me」、この幸せが、僕の中では、最も大きな幸せの形のひとつです。

 

■ どういうことか?

 自分が何かをすることで、相手が喜ぶ、救われる、成長する。

 その相手の姿を見て、自分の存在意義が認められたような気持ちになります。

 

 始まりは相手のため(for you)。

 そして、相手が喜ぶ。

 そして、相手を喜ばすことができた自分が嬉しくなる(for me)。

 これが、「for you経由のfor me」です。

 

 反対に、for youを経由しないfor meの喜びは、相手の幸せなど考えない、利己的なものです。

 犯罪が最たる例です。自分の喜びのために人のモノを盗むとか。

  

 もしかしたら、「for you」に徹し切るのが良いのかもしれません。

 しかし、現時点では、僕はその境地には達していません。

 

■ 幸せには大きさがある 

 for you経由のfor meで得られる幸せには、大きさがあります。

 全く同じ事をしても、100の幸せを感じられる人、10の幸せしか得られない人が居ます。

 全く同じ事をしても、全然喜ばない相手もいれば、凄く喜んでくれる相手も居ます。

 

 だから、自分がfor you経由のfor meによって得られる幸せを最大化していくことが大切です。

 

■ 方法は無数にある

 for you経由のfor meを得る方法は数え切れないほどあると思います。

 医師として働くこと、飲食店スタッフとして働くこと、ホテルスタッフとして働くこと、ボランティアをすること、通訳をすること等々。

 

■ 幸せを最大化する方法をどうやって見つけるか?

 僕は、その人の背負っているストーリーを紐解く。

 そして、そのストーリーに合ったことをすることが大切だと思っています。

 for you経由のfor meの喜びを感じられるということは、その人の生きてきた環境や価値観(=ストーリー)に触れたからです。

 もっと狭く言えば、「それをされた側の喜び」を知っているからです。

 全く同じことをされて嬉しかった経験はなくても、for you経由のfor meの幸せを感じる時というのは、それに似たことをされて嬉しかった経験があるように思います。

 

 とすれば、自分のストーリーに合うことをすれば(=されて嬉しかった経験を、する側に回れば)、for you経由のfor meによって得られる幸せを最大化しやすいと思うのです。

 

 また、for you経由のfor meを実現するために必要な努力も継続できると思うし、その過程さえも幸せに思えるのではないかと思うのです。

 

 ストーリーに合わないと幸せが得られないというわけではありません。

 あくまでも、「最大化」という観点です。

 

■ 例えば

 父親が難病を患っいて、それを医師に救ってもらった経験があるとしましょう。

 そうすると、きっとその人は、同じように誰かを救った時に、for you経由のfor meの幸せ、それも大きな幸せを感じると思うのです。

 それは、「救われた側」として、その大きな喜びを既に経験しているというストーリーがあるから。

 例えばこの人が医師を目指した場合、実際なれるかどうかは別として、努力が継続しやすいだろうと思います。

 

 そういったドラマティックなストーリーがなくても、きっと自分のストーリーを紐解けば、ヒントが見つかると思っています。