(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

「壁にぶつかり続ける」という壁〜司法試験受験でも感じたこと〜

■日々立ちふさがる「壁」

 僕は、毎日のように壁にぶつかっています。

 しかも、新しい壁、種類の違う壁です。

 乗り越えても乗り越えても「壁」が立ちふさがります。

 

 ある時ふと気付いたんです。

 「あ、この壁は、昔の僕なら気付いていない壁だ!」

 

 そうなんです。

 色んな壁を乗り越えたからこそ出会うことのできた壁なんです。

 

■司法試験受験時代の経験。

 これと似た経験を、司法試験受験時代にしました。

 ロースクールでの2年間は、もう、物凄く勉強しました。

 その2年間、勉強しても勉強しても、分からないことは失くなりませんでした。

 しかも、どんどん難しい「分からないこと」が増えていく。

 しかしこれは、勉強が進んだからこそぶつかる壁だったんです。 

 勉強を始めた当初は、「何が分からないか分からない」状態。

 そこでの「分からない」は、ある意味、凄く浅いんですね。

 

■意識。

 成長し続ける限り、遠くへ行こうとする限り、新たな壁にぶつかり続けると思います。

 だから、今では、新しい壁にぶつかる度に、「この壁にぶつかれるほど遠くに来られたんだ」と思うようにしています。

 そう思って、「壁」を歓迎します。

 もし、新たな壁にぶつからなくなったら、その時は、同じ壁の前で立ち往生しているのかもしれません。

 

 昔ある人から言われた言葉があります。

 神様は、乗り越えられる試練しか与えない。

 「これは乗り越えられそうにない」という試練が目の前に現れたら、それは、あなたがそれを乗り越えられる位成長した証拠だ。