読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

夢・やりたいことを見つけるヒント〜「思考をやわらかくする授業」(本田直之さん著)〜

書評/読書/本

 ■ 本田直之さんの最新刊。

 刺激になることがズバズバ書いてあり、ワクワクしながら読める本です。

  最近「夢・やりたいことを見つける方法」を考えているのですが、そのヒントになる話を見つけました。

 外部の人と会って話を聞くとなぜいいか。

 それは知りたかったことを聞けるのではなく、「知ろうともしなかったこと」を聞けるからだ。

 知らないことには、チャレンジしようとすら思えないが、知ったからには、それが自分の夢とか想像として加わってくる。

 知っている選択肢が3パターンしかないか、100パターンあるかで人生は大きく違う。

 「こんな生き方でやっていけるのか」「こんなすごいことが普通にできるんだ」

 たくさんの選択肢を知れば知るほど、もっと面白い、自分にあったやり方が見えてくる。 

  これは、「夢・やりたいことを見つける方法」につながります。

 

■ 夢は、イメージ出来てこそ。 

 夢は、全くイメージすらないところには、なかなか生まれません。

 何かしらイメージがあるから、「ああいう風になりたい」、「あれが欲しい」、「こういう生活を送りたい」という夢が描けます。

 

 周りに、「あの人にみたいになりたい!」と思える人が既に居ればイメージを持ちやすいですが、居るとは限りません。

 全く職種や仕事スタイルが違う人は、周りにはあまり居ません。

 

■ どうやってイメージを持つか。

 僕は、まずは本だと思います。

 いきなり外部の人に会うと言っても、そんな格段にレベルの高い人にはなかなか会えません。

 セミナーや講演会も良いと思いますが、どういう人のセミナーに行きたいかというイメージづくりのためにも、本だと思います。

 本か、実際に会うか、という択一ではありません。

 「まずは」本です。

 

 僕は、本を沢山読んで、

 「こんな仕事の仕方があるのか!」

 「こんなに好きなことに没頭する人生があるのか!!」

 「こんなに人生を楽しんでいる人がいるのか!!!」

と衝撃を受けました。

 そして、自分もこういう風になりたい、というイメージができました。

 多分、本を読んでいなければ、イメージすらできていません。

 

■ 通販カタログ効果

 分厚い通販カタログをご覧になったことがあると思います。

 何気なくめくっていると、「え?こんな便利な掃除道具が!?」、「え?なにこの便利グッズ!」というように、カタログを見る前は、イメージすら無かった便利グッズが欲しくなります。

 それは、「こういう便利グッズが実は世の中にはあるんですよ」ということを知ったからです。

 知ったからこそ、「欲しい!」と思える。

 知らなければ、「欲しい!」とすら思いません。

 これと似ています。