(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

「お忙しいところ」には2つある〜皆さんは、どちらで使っていますか?〜

■ 「お忙しいところ」

 「お忙しいところ恐縮です」

 「忙しいのに、すみません」

という風に、「お忙しいところ」というフレーズはよく使います。

 

 よく観察すると、使う人の心情によって、以下の2種類あることに気付きます。

 ①自己保身のため。

 ②相手への配慮のため。

 

■ ①自己保身のため

 これは、相手から、「この忙しい時に…」と思われて、(言葉にするかどうかは別として)責められるのを回避するため。

 あるいは、「こっちは忙しいって分かってるの?」と思われるのを回避するため。

 

■ ②相手への配慮のため

 言葉どおり、相手に対する「申し訳ない」という気持ちで使う場合です。

 

■ 両者の違い。

 ①は、ベクトルが自分に向いています。

 ②は、ベクトルが相手に向いています。

 

■ 思うだけでは伝わらない。

 おそらく、②で使っている方が多いと思います。

 ただ、思っているだけでは伝わらないのが現実。

 本当に相手に対する「申し訳ない」という気持ちがあるならば、それが行動に出るのではないかと思います。

 

 それはもちろんお金である必要はなく、ちょっとしたお礼であったり、ちょっとした言葉であったり、出来るだけ手間を取らせないようにしようという配慮であったり。

 

 「忙しいところすみません」と口では言いながら、何度も手間を取らせてくるような人は、本人的には②であっても、①と受け止められかねません。

 

 僕自身も、自分のミスや準備不足で、忙しい相手に何度も手間を取らせてしまうことがあります。

 その時に、「忙しいのにすみません」と口だけで言って、行動が伴っていない時があるので、その度に反省します。

 

↓この記事を気に入っていただけましたらクリック(投票)お願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ