(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

「こんな人とはなかなか出会えない」と改めて思ってみる。

■ 同僚、友人、恋人、その他人間関係において、つい、「有るもの」(長所)ではなく、「無いもの」(短所・欠点)に目が向いてしまいませんか?

 

 僕は、「無いものではなく、有るものに感謝しましょう」という言葉に「確かにそうだよなぁ」と思いながら、現実には「無いもの」に目を向け、不満を持ってしまいがちでした。

 

 「無いもの」、つまり欠点に目を向ければ、いくらでも人のことを悪く言えるし、嫌いにもなれます。

 だけど、非の打ち所のない完璧な人なんて、居ないはず。

 

■ 長所を見ても好きになれない現実

 かと言って、単純に「有るもの」、つまり長所に目を向ければ全員を好きになれるかというと、僕はかなり難しい。

 だから、「長所に目を向けて、皆のことを好きになりましょう」なんて言えません。

 確かに「あの人も、悪いところばかりじゃない」というのは事実かもしれませんが、それと、「好きになる」こととは違います。

 

■ 目の前の人の有り難さを改めて考える。

 正直好きになれないところ、直して欲しいところが幾つかあっても、その人が持っている長所を見た時、

 「この長所を持った人とは、経験則上、なかなか出会えないんじゃないかな」

と思える人に、既に出会っていませんか。

 これは、自然とそう思うというよりは、冷静に考えてみると、そう思えることがあります。

 

 これは、「少ない長所にフォーカスして好きになりましょう」ということとは次元が違います。

 そんな人と出会えたのに、「あの人は、この欠点があるから好きになれないor理想の人じゃない」と考えたり、いちいち欠点を指摘して関係をこじらせるのは、実に勿体無いと思います。

  

■ 長所と短所は裏返し

 「ここを直して欲しい」という気持ちは分かります。

 だけど実は、「その短所があるからこそ、あの長所がある」という場合も結構あります。

 

 例えば。

 凄く優しいけど、優柔不断な彼氏。

 「あぁ、優柔不断なところが治ったら理想の彼氏なんだけどなぁ」ではなく、優柔不断な部分があるから、凄く優しい。根っこは同じ。

 「これほど優しい人とは、経験則上、なかなか出会えいないんじゃないか」と思ったら、その優柔不断な部分ばかり取り上げて否定するのは、勿体無い。

 

 ちょっとドジだけど、その人が居ると周りが和む人。

 愛想が無いけど、不満を言わずに黙々と仕事を完遂させる人。

 豪快に使うけど、それ以上に稼ぐ人。

 ちょっと情緒不安定だけど、人の痛みが分かる人。

 

 

 今、既に出会っている人達の良さは、なかなか気付けません。

 最初は分かっていても、時間が経つに連れてその良さが霞んで、粗が目立ちます。

 だけど。

 冷静になってみると。

 「この長所を持った人は、経験則上なかなか出会えないな」と思える人が、実は目の前に居るかもしれません。

 

 

↓この記事を気に入っていただけましたらクリック(投票)お願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ