(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

年賀状に思う。

1 私の年賀状のスタンス

 毎年,仕事関係者,社内の人,友人,親戚に年賀状を書きます。

 

 折角書くのなら,味気ない物にはしたくないという思いがあります。

 そこで,普段なかなか言葉にできない感謝の気持ちを伝えるツールとして使います。

 

 毎年,プリントアウトした定型のものに一言手書きを加えていましたが,今年は全面手書きです。

 影響を受けたのは,千田琢哉さんの「顧客が倍増する魔法のハガキ術」です。

 

顧客が倍増する魔法のハガキ術 ?今から人生を豊かにするハガキのコツ?

顧客が倍増する魔法のハガキ術 ?今から人生を豊かにするハガキのコツ?

 筆記具も千田さんの真似をしてマッキーの油性マジック。

 千田さんの真似をして,味のあるハンコも作りました。

 

 クリスマスには,投函しました。

 

 手書をやってみて,その良さを痛感しました。

 「書く」という行為が伴う以上,相手のことを思わないわけにはいきません。そして,とにかく良いことを書きます。すると,その人の顔を浮かべながら,その人の良いところ,良いことを書くようになります。

 プリンターのボタンをポチッと押すのとは訳が違います。

 

2 いろいろな人の年賀状を見て。

  送ってくる人・こない人,年賀状の体裁など,いくつかのバリエーションがありました。

  

  どれが良い・悪いではありません。

  

  ただ,「人柄や普段の仕事ぶりが出るな」と思いました。

  

  相手の顔を思い浮かべたような一言を付け加えてくる人は,普段から,プラスαの仕事をしている人です。

 

 私のところに来た年賀状で,全面手書きは居ませんでした。

 競争率が低いことが分かったのは収穫でした。

 

 宛名だけ変えた全く個性の無い,付け足しも無い年賀状を送る意味って,どこにあるのでしょうね。

 

↓この記事を気に入っていただけましたら,クリック(クリックだけで投票になります)していただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村