(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

「ピンチ、どんとこい!」~「たった2分で、道は開ける」(千田琢哉さん)から学んだこと~

 一冊読み終わるとまた一冊読みたくなる,いくら読んでも誰にも迷惑かけない依存性・中毒性を持つ千田琢哉さんの本。

 この本で印象に残ったのは次の内容です。

・不幸になるためにピンチが起こっているのではなく,より幸せになるためにピンチが起こっていると感謝すること

・将来著者になろうと燃えている人は,まずピンチをたくさん集めることだ。ピンチに遭遇する度に小躍りするくらいでいい。

・成功者インタビューで話すネタができたとニッコリ笑う。

・当時から将来に本を出すと決めていたから,ピンチが襲ってきたら格好のネタだと考えていた。

  私自身色々なピンチがありますし,仕事柄,ピンチに陥っている人にもたくさん会います。

 

 私も含め,多くの人は,どうしても「ピンチに出会いたくない」,「誰かがうまく解決してほしい」等と「逃げ」の姿勢を取ってしまうのではないでしょうか。

 

 しかし,千田さんのように考えれば,「ピンチ,ドンと来い!」という考え方にシフトできます。

 

 「そんな,簡単にできないよ」,「千田さんだから出来るんだよ」と言って否定するのは簡単。

 だけど,大事なのは,決断と意識です。

 千田さんのように考えようとするという決断。

 そしてそれを継続する意識。

 それでもピンチはしんどいと思うことがあると思います。

 それはそれで仕切り直せばいい。

 だけど,決断すらしなければ,何も変わらない。

 

 千田さんの場合は,「当時から将来に本を出すと決めていたから」という目的意識から逆算して,「このピンチはその目的に有効だな」という風に考えられたのではないかと解釈します。

 

 これが,「本を出す」ではなくても,独立する,昇進する,色んな形がありますが,今起きているピンチにフォーカスするとしんどいけれど,その先に大きな目標があれば,そのピンチも歓迎できるということではないでしょうか。

 

 最近,高校生の前で色々話すことがありました。

 私が高校時代,教師から理不尽なことをされていたことも,当時はピンチでしたが,今となっては,高校生に話す格好のネタになっています。

 高校時代はピンチとしか思っていませんでしたが,当時から広い視点を持てていたら,小躍りできていたかもしれません。