(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

平凡であると認めた上で、努力すべきこと。

 昨日、“自分は平凡なんだ“と認め、そこから、幸せになるために努力するという話を書きました。

 

 どうしてそういう考え方をするかというと、僕は、

 “特に努力をせずに過ごしていたけど、ある日ふと才能が開花して幸せになる”

という人は、まず無いんじゃないかと考えているからです。

 

 いわゆる天才や非凡といわれる方も、きっと努力、それも人一倍の努力をしていると思います(ご本人がそれを努力と考えているかどうかは別として)。

 

 それなのに、天才や非凡と言われる方を見て、”自分も、特に努力をせずとも、ある日ふと才能が開花して幸せになれるんじゃないか”と考えて過ごすのは、リスクが高いと思うわけです。

 

 じゃあ、平凡であることを認めた上での”努力“って、何?という話です。

 

 “平凡な自分に出来る事はこれくらいしかない“と思って、ひたすら辛いことを我慢するのとは違います。

 

 努力の方向は、

 ① 自分が最も生きる場所、なれる最高の自分になれる場所を見つける努力

 ② そして、その場所で、実際に自分が最も生きる、なれる最高の自分になる努力

だと思います。

 

 この2つの努力を重ねれば、世界一になれるということではありません。

 やはり素質や能力というものはあると思うからです。

 

 しかし、世界一にならなくても、目的は、幸せに生きることだと思います。

 そして目的達成の手段が、上記の努力だと思います。

 

 とは言うものの、これは、探してすぐ見つかるものではないですし、僕自身も公式は持ち合わせいません。

 まだまだ、①・②の努力をしている最中。むしろ、ようやく始めたところです。

 

↓この記事を気に入っていただけましたらクリック(投票)お願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ