(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

自分は平凡だと認めることは、諦めではなく、幸せへのスタート。

 心のどこかで、自分は特別だと思いたい。

 心のどこかで、自分には人と違う才能や長所があると思いたい。

 心のどこかで、自分は良い意味で変わっていると思いたい。

 決して、自分は”平凡”だなんて、思いたくない。

 

 そして、”平凡じゃない自分探し”をしてしまう。

 

 だけど、”自分は平凡なんだ”と認めることは、

 “明るい未来を諦めること”

 ではなく、

 ”明るい未来へのスタートを切ること“

と捉えられるのではないかと思います。

 

 少なくとも僕には、”いつかいきなり才能が開花して幸せになる”というシナリオは用意されていません。

 だから、”平凡じゃない自分探し”を続けたところで、幸せにはなれません。

 だから、幸せなるためには、努力が必要です。

 

 平凡だと認めるから、努力できます。

 平凡だと認めるから、謙虚になれます。

 平凡だと認めるから、人の話を聴けます。

 それが、平凡な自分が幸せになる方法だからです。

 

 

 そう考えてみると、”自分は平凡なんだ”と認めることは、分かれ道の岐路に立つことではないかと思えてきます。

 

 片方の道は、”平凡な自分には、これくらいしか無理だ、人生なんてこんなもんだ”と諦めて生きる道。

 

 もう片方の道は、”平凡な自分は、人一倍努力をしなければならない“と覚悟を決めて生きる道。

 

 僕は、20代前半に、自分は平凡なんだと認めることができました。

 それまで、自分は平凡じゃないと思っていたわけではありません。

 周りから見れば明らかに平凡中の平凡で、自分でも薄々わかっていました。

 だからこそ、自分まで平凡だと認めたら、立ち直れないと思っていたから、なかなか認められなかったんです。

 

 成功された方の話を見聞きしても、“いやぁ、ある日才能がいきなり開花しましてねぇ”という話は聞いたことがありません。

 むしろ、昔は劣等生だったとか、大きな失敗をしたとか、そういう話があって、そこから奮起して頑張ったという話が多いように思います。

 

 平凡だと認めて、人生はこんなもんだと諦めることもできます。

 平凡だと認めて、人生はもっと良くなるとスタートをきることもできます。

 

 胸を張って、平凡だと認めるのも、良いかもしれません。

 

↓この記事を気に入っていただけましたらクリック(投票)お願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ