(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

なれる最高の自分を目指す〜なれる最高の自分になる9つの行動(小宮一慶さん著)〜

■ なれる最高の自分になる。

 最近僕が意識している言葉で、小宮一慶さんの、

 「なれる最高の自分になる」

という言葉があります。

 ■ 僕なりの受け止め方

 人それぞれ、才能、環境、年齢等が違う。

 だから、「今の自分」から出発して、なることのできる最高の自分になろう、ということだと理解しています。

 

 つまり、「尊敬される人になりましょう」、「人の役に立てる人になりましょう」というような、万人に当てはまる「こういう人になりましょう」ではなくて、あくまでも「今の自分」から出発して、辿り着ける最高の自分を目指すということです。

 

 ですから、当然、人によって到達点は違います。

 「なれる最高の自分」に到達できたならば、人からの評価は関係ないはずです。

 言い換えれば、人からの評価が気にならなくなる位、なれる最高の自分に挑み、達成することこそが大切だと思えてきます。

 

 「あの人みたいになりたい」と憧れることはあります。

 だけど、諦めではなくて、「それは難しいな」と思う自分もいます。

 セルフイメージは高いほうがいいし、目標も高いほうがいい。

 憧れの人を持つことも大事。

 だけど、憧れを持ったとしても、自分のストーリーに合わないというか、「いや、そこは目指さないほうがいい」というところを目指すのではなく、やはり今の自分を前提にして、なれる最高の自分を目指すというのが、結果的に幸せなのではないかと考えています。

 

 もちろん僕は「なれる最高の自分」にはなれていないので、日々精進が必要です。

 

↓この記事を気に入っていただけましたらクリック(投票)お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ