読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

「今」あなたが生きている場所、そして「これから」あなたが生きたい場所は、どんなルールで動いていますか?

【最新情報や特典配信中のメルマガはこちら】

   f:id:happylife_r:20151208081753j:plain

 

▼今日はあなたに、2つの質問をします。

f:id:happylife_r:20160525090346j:plain

1つ目。

「今」あなたが生きている場所(仕事、職場、業界、家庭、友人...etc)は、どんなルールで動いていますか?

 ▼ここで言うルールとは、

 法律のように

 「誰もが守るべきもの」ではなく、

 場所ごとに存在するもの。

 そして、

 AというルールとBというルールには

 優劣も正誤もなく、

 それぞれの正しさを持っているもの。

 

▼明文化されていることもあるでしょうが、

 多くは暗黙です。

 

▼そのルールは

 どうやって作られているかというと、

 「その場所を構成する人の価値観」 

 によって作られています。

 

 もっと言えば、

 その場所で

 力を持っている人の価値観、

 あるいはその場所における

 多数派の価値観が、

 その場所のルールを作っています。

 

▼あなたが今いる場所

 (=日々過ごしている場所)は、

 どんなルールで動いていますか?

 

 ・強い者が偉い?

 ・口が上手い人が良い?

 ・効率的なことが良い?

 ・和気あいあいが良い?

 ・失敗しないことが良い?

 ・チャレンジすることが良い?

 ・間違わないことが良い?

 ・気が強い人が良い?

 ・断言しないことが良い?

 ・言ったもの勝ち?

 ・いかに相手を論破するか?

 ・人と人は、

  奪い合うもの?わかちあうもの?共に創るもの?

 ・仕事とは?

 ・お金とは?

 これはほんの一例です。

 

▼先ほどお話したとおり、

 多くの場合ルールは暗黙です。

 「私はこの価値観で動いています」

 なんて発表されません。

 

▼ですから、

 人の言動から価値観を読み取ります。

 なぜなら、

 人の言動には、

 その人の価値観が必ず現れるからです。

 

 価値観は幹、言動は枝葉です。

 枝葉を見れば幹が分かります。

 

あなたが今いる場所を構成する人、

 特に

 ①その場所で力を持っている人

 ②その場所における多数派

 の言動から、

 今いる場所のルールを

 考えてみてください。

 

2つ目の質問。

「これから」あなたが生きたい場所(仕事、職場、業界、家庭、友人...etc)は、どんなルールで動いていますか?

 

1つ目の質問は、

 「今」生きている場所のルール。

 2つ目の質問は、

 「これから」生きたい場所のルールです。

 

▼「今」と「これから」に

 ギャップが無い人は、

 自分が理想とするルールで

 動いている場所に

 既に居るということです。

 

▼他方、

 「今」と「これから」に、

 ギャップを感じる人は多いでしょう。

 

▼でも、

 その場所に参加する以上、

 その場所のルールで

 動かなければなりません。

 

▼「今」生きている場所と

 「これから」生きたい場所のルールが

 どれだけ違っても、

 「今」生きている場所で

 絶対に手を抜いてはいけないし、

 ふてくされてもいけません。

 

 参加する以上は、

 その場所のルールに則って

 全力を尽くすべきです。

 

▼サッカーに参加するなら、

 サッカーのルール。

 野球に参加するなら、

 野球のルール。

 それぞれの競技のルールに

 従わなければなりません。

 

▼サッカーに参加していながら、

 「手を使っちゃダメだなんて

  おかしいじゃないか!」

 「僕は手を使いたいから手を使う!」

 そんな話は通じません。

 

 サッカーに参加する以上、

 サッカーに全力を尽くすべきです。

 手を使う人が間違っています。

 

 手を使いたいなら、

 競技を変えればいいのです。

 競技を変えたら、

 ルールが180度変わることなんて

 珍しくありません。

 

▼僕は、

 「今」と「これから」に

 猛烈なギャップを感じています。

 

▼僕はこういうルールで動きたいのに、

 違うルールで動かなければならない。

 それは、 

 身を引き裂かれるような思いです。

 

 自分のルール(価値観)を殺して、

 その場所のルール(価値観)に合わせる。

 怒りで体が震えるほどです。

 

何に怒ってるか?

 自分に対してです。

 

▼自分の理想とは違うルールで

 動かなければならないのは、

 ひたすら力が無いからです。

 

▼誤解してほしくないのは、

 「力」というのは、

 誰かに勝つとか、

 人を従わせるとか、

 そういう力ではありません。

 本当にやりたいことをやるための力です。

 

▼力があれば、離れられます。

 従いたくないルールになんて

 従う必要はないのです。

 

 力がないから、

 自分の理想とは違うルールで

 動かなければならないのです。

 

▼選択肢が限られているのは、

 ひたすら力がないからです。

 

 断れないのは、

 ひたすら力がないからです。

 

 頭を下げなければならないのは、

 ひたすら力がないからです。

 

 思いが伝わらないのは、

 ひたすら力がないからです。

 

 居たくない人と

 居なければならないのは、

 ひたすら力がないからです。

 

 人の心を動かせないのは、

 ひたすら力がないからです。

 

 自分を殺さなければならないのは、

 ひたすら力がないからです。

 

 だから僕は、

 力の無い自分に対して、

 猛烈に腹が立ちます。

 

▼人それぞれ置かれた状況も、

 考え方も、価値観も、

 違うのは分かります。

 ただ、今僕が感じるのは、

 今日お話したことです。

   

セミナー情報

京都開催

5/29(日)モノを通して自分を磨く!

ずっと使いたくなる革モノ“トリセツ”講座(実演&体験付)

ーーーーーーーーーーーーーーーー

東京開催

開催未定

ーーーーーーーーーーーーーーーー

コーチング×コンサル

 やりたいことが漠然と又はハッキリある方、

 一歩踏み出すか迷われている方へ、

 Being(どう在るか)を深く掘り下げ、

 Doing(どうやるか)を考え、実現をサポートします。

HP作成サポート

 コーチングと文章力を駆使して

 深掘り・整理・言語化し、

 HPのベースを作成します。

Alibrary~あなたに合う本、おとどけします。~

 1.あなたの状況やお悩みを、メールでヒヤリング

 2.あなたに合う本を2冊セレクトし、

   ご指定の住所へ郵送(ワンポイントアドバイス付)

 3.Facebookグループ「放課後は図書館で。」へご招待

ご相談受付中(無料)

 あなたが今抱えているお悩みや

 気になっていることについて、

 以下のフォームからお気軽にご相談下さい。

 もちろんご相談無料です。

 http://goo.gl/forms/9mkY9NdxlH

 (内容によっては返信できない場合も

  ありますので、予めご了承下さい)