読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

人の悩みに、軽々しくアドバイスできない〜僕がコーチングを選ぶ理由〜

コーチング

▼人には色んな悩みがあります。

 ところが、

 周りの人からすると、

 大した悩みには見えないこともあります。

 

 「どうしてそこでつまづくの!?」

 「こうすればいいじゃん!」

 周りの人がそうアドバイスしたくなることも、

 少なくないでしょう。

f:id:happylife_r:20150823084950j:plain

photo credit:Lino via pitchpic

▼だけど、

 その人がその瞬間に直面している悩みは、

 その人の人生と脈々とつながっています。

 だから、周りの人が思うような

 簡単で単純なことではありません。

 そもそもその人が、

 悩みの全てを打ち明けているとも限りません。

 

▼その人の悩みの原因は、

 幼い頃に親から言われた一言かもしれません。

 幼い頃に味わった悔しさかもしれません。

 大人になってからの失敗体験かもしれません。

 幾つもの体験が折り重なっている場合も多いでしょう。

 

人からすれば、その原因となる体験は、

 大したことじゃないかもしれません。

 

だけど本人にとっては、

 とてもとても大きくて、

 とてもとても重要なもの。

 気易く「そんなこと引きずってんの?」なんて、

 言ってほしくないんです。

 

 中には、

 「過去と自分は変えられないんだから、

  今から自分がどうするかだよ」

 と言ってくれる人もいるでしょう。

 それ自体は僕も同じ考えですが、

 誰が言うか、いつ言うかが大事です。

 

 相手の本当の悩み、状況、

 どれくらい心を開いているか、

 そういうものを知ろうとせず、

 取ってつけたように正論を振りかざしても、

 宙を舞うだけです。

 

 その人のストーリーに合わないものを

 外から移植しようとしても、

 機能しないのです。

 

▼その人の悩みは、

 その人の過去の何かとつながっています。

 

 人からすれば、

 その人の悩みは、

 大したことないかもしれません。

 

 その「過去の何か」も、

 大したことないかもしれません。

 

 だけど、本人にとってみれば、

 とってもとっても、

 大したことあるんです。

 

人間の奥深さを知れば知るほど、

 軽々しくアドバイスできなくなります。

 

 ここが、

 僕がコーチングという手法を選んだ

 大きな理由です。

 

 正直に言うと、以前は、

 「いかに良いアドバイスをするか」

 ばかり考えていました。

 

 外から答えを与えようとするのではなく、 

 自分の中にある答えに気づくこと。

 これがコーチングです。

 

 「自分が必要とする答えは、

  既に自分の中にある」

 これは、僕がコーチングをする上で、

 最も大切にしている考えの一つ。

 

▼コーチングが常に良くて、

 アドバイスは常にダメだとか、

 そういう極論ではありません。

 

 どちらも、

 機能する時はするし、

 しない時はしません。

 

▼ただ、

 今日一つ覚えていただきたいことがあるとすれば、

 人の悩みの奥深さです。

 今、目の前の人が話してくれた悩みは、

 底が見えないほど深い穴の、

 たった一部分だということです。

 

─────────────────

【コーチングのご案内】

 コーチングを継続して受けるかどうか、

 迷われる方は少なくありません。

 もしお時間が許すようであれば、

 一度30分の無料サンプルコーチングを受けてみませんか?

 ステキな人生を送るお手伝いをすることが、

 僕にとっての至上の喜びです。

 

 コーチングはSkype又は電話で可能ですので、全国どこからでも。

 コーチングの概要とサンプルコーチングのお申し込みは、 

 こちらのHPからお願い致します。

R's coaching&seminar HP on Strikingly

 またはFacebookメッセージから。

 →https://www.facebook.com/reo7.a

 

 不安や質問がある方も、上記宛にメッセージ下さい。