(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

「横着な感謝」をしていないか〜感謝の気持を「ちゃんと」伝える意識〜

■感謝の気持ちを持つだけなら簡単。

 感謝の気持ちは、「持つだけ」なら簡単です。

 頭の中で「ありがたいなぁ」と思うだけで感謝の気持ちを持てます。

 言葉にするのも、上辺の言葉だけなら簡単です。

 

 しかし、それで

 ・ ちゃんと感謝している

 ・ 感謝の気持ちを持っている

 ・ ちゃんとありがとうと言った

と考えるのは、少々横着ではないかと思います。


 伝えるべきは、感謝の「言葉」ではなく、感謝の「気持ち」です。

 ですから、

 「相手の耳に『ありがとう』という言葉を入れた=感謝を伝えた」
ではありません。

 「気持ち」は目に見えないからこそ、形に表す必要があります。

f:id:happylife_r:20141103183003j:plain

■相手にベクトルを向ける。

 「ありがとう」という言葉一つを取っても、

 ・ ありがとうって言っておかないと

 ・ 無礼な人だと思われたら困る。

 ・ お礼が言えない人だと思われたら困る。

 ・ 次も何かしてもらうためにお礼を言っておかなきゃ

 そういう動機で感謝の気持ちを言葉にするのは、ベクトルが自分に向いています。 

 

 他方、相手が掛けてくれた時間・労力・費用・気持ちに対して感謝をする、つまり、ベクトルを相手に向けることができれば、自ずとその言葉や態度、どう感謝を表すかは変わってきます。

■お金や物に限らない。 

 「感謝の気持ちを形に表す」と言うと、お金や物を渡すというイメージがあります。

 しかし、それに限りません。

 同じ「ありがとう」と言葉で伝えるにしても、

 ・ 電話か、会いにいくか、メールか、手紙か、直筆か、パソコンで打ったものか等々

 ・ 掛かってきた電話のついでに伝えるのか、自分から電話を掛けるのか

 色々なバリエーションがあります。

 

 本当に「相手に対して」感謝しているのならば、それに相応しい表現の仕方があります。

 どれだけ「感謝している」と熱弁を振るっても、気持ちが形に現れていなければ、なかなか相手に伝わりません。

 以前書きましたが、自分がメリットを得られたから感謝する人は、「相手に対して」という視点が欠けています。

 行動と気持ちの伴わない感謝は、虚しいだけです。

 どれが良い・悪いの話ではなく、相応しい表現の仕方をしなければ、伝わらない。そして、伝わらなかったことによる結果は、ちゃんと自分に返ってくるということです。

あなたは何に感謝していますか? - 意識と努力で人生は好転する。