(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

共催を通じて学んだ大切なこと〜勝負できる土俵を見つける〜

■共催で得た財産。

 今、3人で共催しているセミナーがあります。

 今までは1人でやることばかりだったので、共催によって多くの気付きがありました。

 その一つが、「自分の輪郭が見えてきた」ということ。

 自分のポジションというか、

 「あぁ、この土俵では勝負しないほうが良いな」

 「この土俵なら勝負できそうだな」

というものがおぼろげながら分かってきました。

 簡単に言うと、自分のキャラや強み・弱みが分かってきたっていうことですね。

 「今更分かったのか」と思われるかもしれませんが(苦笑)

  

■全部入りのスーパーマンは目指さない。

 1人でセミナーをやっている時は、「なんでもやれるスーパーマン」を目指していました。

 

 しっかりしていて、親しみやすくて、憧れられるような人で、ある種の近寄りがたいオーラがあって、賢くて、笑顔も多くて、気が利いて、爽やかで、それでいて厳しくて、でも面白い…等々、もう、全部入りって感じです。

 

 だけど、自分には自分の適性があるんですね。 

 

 共催でやってみて、

 「親しみやすさという土俵では勝負できそうにない」と思いました。

 「ポジティブオーラという土俵でも勝負できそうにない」と思いました。

 他にも色々ありました。

 

■前向きな諦め。

 親しみやすさやポジティブオーラは要らないという意味ではありません。それはあった方が良いです。

 だけど、そこを伸ばしても、そう簡単には「強み」といえるレベルにまで昇華できそうにない。

 それなら、勝負できそうな土俵を伸ばす方に注力した方が良いという前向きな諦めです。

 

 これに気付けて本当に良かったです。

 

■まずやるべきこと。

 全部入りのスーパーマンは目指さない方が賢明だと思います。
 スーパーマンを目指せば目指すほど、そこに届かない自分とのギャップに苦しくなります。

 いつかスーパーマンになれるかもしれませんが、一足飛びに目指すよりは、まず勝負できそうな土俵で力を付けることが先決だと思います。

 その結果スーパーマンになれたら良いですね。

 

今日もお読みいただきありがとうございました!「読んだよ~」の合図にクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ