(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

1年間動いてみて分かったことを書きました。

■想像していなかったこと。

「夢に向かって突き進むぞ!」と決めたのは昨年5月。

 やればやるほど、ワクワクが拡大しています。

 これは、1年前には想像していないことでした。

 

■それまでの僕。

 それまでは、出版したい!講演したい!セミナーしたい!という大きな夢ばかり先行し、どうやって実現するのか全く描けていませんでした。

 それもそのはず。

 僕は、一足飛びに、一気に実現する方法ばかり探していたからです。

 そんな都合の良い方法は見つからず、暗闇の中でもがいていました。

 

■考え方を転換。

 その考え方を180度転換し、

 ・小さく始める

 ・今やれることをやる

 ・とにかくやってみる

 そういう考え方で進むことにしました。これは恩師の教えです。

 

■初のセミナー開催。

 それまでセミナーなんてやったこと無かった僕が、どこで、何をやって、どうやって参加者を集めるのか、一から考えました。

 昨年9月、人生初のセミナーを開催。

 その第2弾を昨年11月にやりました。

 昨年12月には、ずっとやりたかった、「夢」をテーマにしたセミナーを、同志と一緒にやりました。

  

■綱渡りの日々。

 1つセミナーをやることは、物凄いエネルギーが要りました。

 参加してくれる人は居るだろうか…と不安で不安で仕方ありませんでした。

 結果的にはどのセミナーも満員あるいはそれに近いご参加をいただきましたが、綱渡りのような感覚でした。

 

■悩み

 常に頭にあった悩みは、「どう継続するか」。

 単発でやるのは比較的簡単ですが、その活動をどう継続するかが問題です。

 

 同じことを、同じコミュニティで続ければ、飽きられます。

 違うことを、同じコミュニティでやり過ぎると、一貫性がなくなります。

 同じことを、別のコミュニティでやろうとしても、そう簡単には見つかりません。

 

 「次々新しいセミナーをやってみれば良いんじゃないか」という誘惑に駆られました。

 カレーとラーメンとうどんを出している飲食店の気持ちがわかりました。 

 しかし、自分的には得意なことでも、下手にセミナーでやってしまうと、「たいしたことないな」というイメージを持たれかねません。

 それを避けるため、誘惑に負けないようにしました。

  

■やってみて分かったこと。

 「どう継続するか」その答えは今もわかりません。

 だけど、少しずつでも、やってみる。

 面白そうな人と、親しくなってみる

 与えられたチャンスには、期待を超えるつもりで臨む。

 色んなところで、夢を語る。

 人を、応援する。

 

 そこには、「忙しいから出来ない」とか「やりたくない」なんてネガティブなことは入る余地がありません。

 こういうことを日々やっていると、不思議と、色んなチャンスを与えてもらえるようになりました。

 今では、2週間に1回のペースでセミナーをやるようになりました。

 

 本当に、不思議です。

 頭でウンウン考えるのも大事ですが、動いてみなければわからないことがあると分かりました。

 昔の僕は、「動く」ということを知識として知っていても、体験としては知りませんでした。

 動いてみて良かったと、心底思います。

 動いていなかったら、今も僕は、暗闇の中をもがいているでしょう。

 

今日もお読みいただきありがとうございました!「読んだよ~」の合図にクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ