(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

「与えているだけ」のようで,実は与えられている?

 人から見ると,「与えているだけ」に見えること。

 無償の奉仕とも言えます。

 

 物質的な見返りがなくても,あるいは見返りが(物質的には)不十分であっても,幸せを感じることがあります。

 

 それは,自分が与えたことによって,相手が喜んでくれたり,人生が少しでも良くなってくれたとき。

 

 そのときに,

 「自分が与えたことによって喜ばせることができた」,「人生を少しでも良くお手伝いができた」と嬉しくなり,幸せを感じます。

 

 そう考えると,その「嬉しい」という気持ちにさせていただいた,という意味で,実は自分も与えてもらっているのではないかと思います。

 もはや無償の奉仕ではないと思います。

 

 究極は,誰に対してもそのような気持ちで与えられること。

 しかし,今の私は,その域には全く達していません。

 どうしても,上記の意味で与えることができるのは,喜んでもらいたい相手,人生が少しでも良くなってもらいたい相手だけです。

 どういう相手がそれに該当するかは,色々な要素があります。

 

 そして更に究極は,上記のような気持ちで与えることも,やはり「喜んでもらう」という見返りを求めていますが,それすら求めず与えること。

 何かを「させていただいた」。その自分の行為自体に喜びを感じ,それに対して相手が喜んでも喜ばなくても,それをさせていただいただけで幸せ,という域ではないかと思います。

 

↓この記事を気に入っていただけましたら,クリック(クリックだけで投票になります)していただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村