(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

上司が見ている世界は,部下には見えていない。

 上司は批判されるものです。

 批判の数は,部下の数だけあります。

 

 上司がいくら「上司だからこそ味わう苦しさ」を叫んでも,部下には分かりません。

 知識としては分かっても,実感としては分かりません。

 なぜなら,部下は,その上司から見えている世界を見たことがないからです。

 

 部下は,上司が見えている世界を見たことがないから,自分の世界から見た「正論」を振りかざします。

 部下は部下から見えている世界で,「俺だって大変なんだ」とか「俺の大変さが分かるか」と叫んでいます。

 

 上司は,部下からの批判を受けるし,部下には分かってもらえないし,責任も重い。

 だけど,それも全てひっくるめて,上司という役割なのだと思います。

 

 「部下に批判されて辛い」,「分かってもらえなくて辛い」と嘆くより,「部下には分かってもらえないものだ」という前提でスタートした方が,上司としては心穏やかに居られると思います。

 

↓ランキングに参加しています。気に入っていただけましたら,クリックしていただけると嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村