(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

「私は指示されただけなので」で逃げない。

 上司から指示をされて誰かに連絡をすることがあります。

 すると,相手から,「○○は必要ですか?」や「どうしてこれが必要なのですか?」などと質問されることがあります。

 

 そのとき,「私は誰々に指示された(言われた)だけなので分かりません」と答えてしまう人がいます。

 

 確かに指示されただけなのは分かります。

 

 しかし,会社を背負って,上司を背負って窓口になっているわけですから,それを言われてしまうと,相手も「いやいや」となります。

 「そっか,指示されただけなら仕方ないね」とは思ってもらえません。

 

 第一に,どういうことを聞かれるかと想定する,ということが大切だと思います。

 

 それでも思いもしない質問を受けることもあります。

 そういうときは,「指示されただけなので」など言わず,「すぐに確認して御連絡します」というのが,信頼につながると思います。

 

 そのときに,「どうして上司は事前に言ってくれなかったんだ」と他責の念を募らせない。

 あくまでも,「想定不足だった」,「上司に確認しなかったのがまずかった」という自責の念を持つことが,その後の成長につながるのではないかと思います。