読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

メッセージを下さった大学生とお会いしました。

▼今日は、とある大学生とお会いしてきました。

 この方なんと、偶々検索でヒットした僕のブログを読んで、

 「今度学生に向けてお話して頂けませんか?」

と連絡を下さいました。

 僕はかなり警戒心が強いのですが、なんとなく感じるものがあり、連絡を差し上げました。

 そして、連絡いただいてからわずか2日の今日、お会いすることができました。

 このスピード感、たまりません。

f:id:happylife_r:20150604165716j:plain

 

▼「学生なのに」と言っては失礼かもしれませんが、本当にしっかりされていて、自分の信念をちゃんとお持ちの魅力的な方でした。

 こういう行動力のある学生に出会うと、応援したくなります。

 

▼以前の僕は、学生と話す時は一方的に話すことが多かったんです。

 それは、僕と同じ失敗はして欲しくない、もっと効率的に結果を出して欲しい。

 そういう思いからです。

 

▼ただ、ある時から、「失敗する権利を奪ってはいけない」と思うようになりました。

 取り返しの付かないような失敗や、大きな損失を出すような失敗は、先人として防いであげるべきです。

 だけど、僕自身がそうであったように、失敗から学ぶことってたくさんあるんですよね。

 僕が「いやぁ、それではうまくいかないでしょ」と思っていても、想像を超える成功を収める場合だってあります。

 

 「転ぶから自転車に乗っちゃダメ」って言われませんでしたよね。

 転ぶのは分かっていたけど挑戦させてもらって、乗れるようになったわけです。

 大人がいくら上手な乗り方を実演して見せても、実際チャレンジして、転ぶ経験が無いと、乗れるようにならないんです。

 その、転ぶ権利を奪ってはいけません。

 

▼そう思うようになってから、僕の狭い世界でアレコレ言わないようにしています。

 アドバイスをすることはありますが、その場合は、できるだけ学生の話を聞いて、その学生にとって今何が必要かを見るようにしています。

 とは言っても、学生が一生懸命話を聴いてくれると、ついつい話しすぎてしまうんですけどね。

 

《追伸》

 「学生だから大目に見る」というのは、学生じゃない側が行使する論理であって、学生自身が行使するものではありません。

 今日の学生は、一切の甘えが無くて驚きました。

─────────────────

【無料メルマガ】

だいたい週1配信メルマガ登録はこちら。

・ブログより5割増ストレートな描き下ろしコラム

・最新情報など。

http://reo7.araioffice.jp.net/mailmagazine.html