読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

【第2弾】やっぱり、千田琢哉さんの言葉は本当の希望を与えてくれる〜「今日が、人生最後の日だったら。」を読んで②〜

■昨日に続き、千田琢哉さんの「今日が、人生最後の日だったら。」より。

 この一節も、僕が長年モヤモヤ考えていたことへの一発回答でした。

 人生は、ありのままの自分でいるだけで、上手くいくようになっているのではないだろうか。

 ありのままといっても、努力しなくてもいいということではない。

 私の考える努力とは、自然体で無理なく没頭する力ということだ。 

 

■「ありのままの自分」=「努力しない自分」?
 「ありのままの自分でいい」

 「ありのままの自分で居たい」

 「ありのままの自分を好きになって欲しい」

 僕は、そういう言葉を聞く度に、何とも言えない違和感を覚えていました。

 

 なぜなら、「ありのままの自分」なんていうものは、僕の場合、怠惰で、ワガママで、自分のことばかり考えてしまう人間だから。

 つまり僕は、

 「ありのままの自分」=「努力しない自分」

と考えていました。 

 だから、そんな僕でいいわけがない。そう思っていました。

 

 ところが、千田さんの言葉で気付かされることがあります。

 それは、

 「ありのままの自分」≠「努力しない自分」

 

■「ありのまま」とは?

 千田さんの言う「ありのまま」とは、自然体で無理なく没頭するという努力をする状態。

 そういう努力ができるものが見つかれば、

人生は、ありのままの自分でいるだけで、上手くいくようになっている 

 

■本当の希望を与える言葉。 

 「人生は、ありのままの自分でいるだけで、上手くいくようになっている」

 ここで終わった方が、”一見”希望が与えられます。

 

 では、「ありのままといっても、努力しなくてもいいということではない。」と続けるのは、希望を奪うものでしょうか。

 僕は、希望を奪うどころか、希望を与えるものだと思います。

 

 なぜなら、自然体で無理なく没頭するという努力ができるものさえ見つければ、ありのままの自分でいるだけで、上手くいく。

 つまり、自分次第で、ありのままでいるだけで上手くいくんですよ、と言っているわけですから。

 

 「ありのままの自分でいるだけで良い」

 この言葉だけでは、本当の希望は与えられません。

 やっぱり千田さんの言葉は、本当の希望を与える言葉。

 僕は、そう理解しました。

↓昨日書いた記事はこちら↓

千田琢哉さんの言葉は希望を奪う?いや、本当の希望を与えてくれる。〜「今日が、人生最後の日だったら。」を読んで〜 - 意識と努力で人生は好転する。