(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

夢を公言してみたら不思議なことが起こった。

■不思議な感覚。

 最近、「本を出します」「生涯100冊書きます」と、色んな人に言ったり、自分のノートに書いたりしています。

 

 それで、最近不思議な感覚を覚えることがあります。

 それは、「本を出す自分」「生涯100冊書く自分」が、実際に存在するという感覚です。

 本を「出したい」という願望レベルではなく、本を「出す」ということが既に決まっているような感覚です。

 具体的なことは何も進んでいないんですけれど・・・。

 

 それで、「本を出すなら、こういうことをやる必要があるよね」という感じで、頭が、夢と現実のギャップを埋める方法を考えようとします。

 

 本で、「夢が叶った自分をイメージしよう」とか「イメージすることで、脳の自動達成装置が作動する」という話をよく見ますが、僕の今の感覚は、それに近い話なのかなぁと思ったりします。

 

 こういう感覚になったのは、つい1、2ヶ月程です。

 それまでは、本を書きたいという夢はありましたが、そういう感覚にはなりませんでした。

 1,2か月というと、「100冊書きます!」と公言し始めた時期です。

 

■意識。 

 こういう感覚になれた理由を分析すると、次のようになります。

 ① 夢を描く。出来るだけ数字を入れて具体化。

 僕の場合は、2018年に1冊目。生涯100冊。

 ② 意識に浸透させる。

 僕がやっているのは、ノートに書いて読み返す、人に話す。

 これを同時にやりました。

 人に話すという効果は絶大です。

 最初は、「本を書きたい」ということを口に出すだけで恥ずかしかったのですが、今では普通に100冊書きますと言えます。

 言っている内に心理的抵抗がなくなってきて、「言うことが普通」になります。

 それによって、「特別なことじゃない」という感覚になれます。

 

 次回は、「じゃあ叶わなかったらどうなの?」ということを書きます。

 

今日もお読みいただきありがとうございました!「読んだよ~」の合図にクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ