(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

【人間関係の苦しみから解放される方法】人間関係の苦しみの根源とは。

 人間関係の悩みやトラブルは尽きません。

 

 人間関係における苦しみの根源は何でしょうか?

 

 私は次のように考えています。

 

 人間誰しも「見えている世界」が違うのに,相手も自分と同じ世界が見えていると思い込んでいる,あるいは,自分に見えている世界が絶対に正しい世界だと思い込んでいる。

 

 だから,「見えている世界」が違うにもかかわらず,相手に対し,「自分が見えている世界からすれば普通のこと」をするよう求めてしまう。

 

  しかし,見えている世界が違う以上,その「普通」は相手にとってはもはや「普通」ではありません。

 

 この,自分の「普通」と相手の「普通」とのギャップそのもの,そして,そのギャップを埋めようともがくこと

 

 これが,人間関係における苦しみの根源だと考えています。

 

 簡単に言うと「見えている世界の違い」です。

 

 

 ここで言う「見えている世界」というのは,

 その人の価値観,経験等,様々な要素によって,今この時点での,物事の捉え方(評価の仕方)

と言い換えることができます。

 

 犯罪行為に当たるようなことは,「それはしてはいけない」という一応の共通認識があると思いますが,それ以外の部分では,全く同じ捉え方をする人間(全く同じ世界が見えている人間)はいません。

 同じ人間ですら,状況や時期によって,見える世界が変わります。 

 

 どっちの世界が良いとか悪いとかではなく,事実として,「見えている世界が違う」のです。

 

 よく人は,「普通こうだろう」,「こうしないのはおかしい」と言います。

 しかし,そこでいう「普通」や「おかしい」というのは,あくまでも「その人が見えている世界からすれば」,という条件付きです。

 

↓この記事を気に入っていただけましたら,クリック(クリックだけで投票になります)していただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村