(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

本気で人生を変えたければ、本を読む!

人生を変えるには?

本気で人生変えたいと思ったら、

 僕は読書をお勧めします。

 

▼僕が人生を変えられたのは、

 間違いなく本のおかげです。 

f:id:happylife_r:20170102131547j:plain

読書の効用は?

▼端的に2つです。

 ①理想の人生を見つけること。

 ②理想の人生に近づくこと。

 

①理想の人生を見つけること。

▼本を読むことで、

 「あんな人生を送りたい!」 

 「あの人みたいな生き方をしたい!」

 そう思えるサンプルが見つかるはずです。

 

▼人は、

 知っていることしか望めないようになっています。

 ですから、

 人生のサンプルを増やす

 (=知っていることを増やす)ことによって、

 理想の人生を見つけるわけです。

 

▼これはファッション雑誌と同じです。

 

 ファッション雑誌をめくっていくと、

 「あ!これ欲しい!」という服や鞄が見つかりますよね。

 その服や鞄は、

 雑誌をめくる前は「欲しい」とすら思ってなかった。

 知らないから望みようがなかったんです。

 

 でも、

 「知った」ことで「欲しい」と思えたわけです。

 「欲しい」と思えたら、

 手に入れるために「行動」したくなりますよね。

 

欲しい服や鞄を探すために

 ファッション雑誌を読むように、

 欲しい人生を探すために

 自己啓発本やビジネス書を読んでください。

 

▼僕の場合は、

 千田琢哉さん、本田健さん、本田直之さんの本を読んで、

 「こんな人生を送りたい!」と強く思いました。

 

▼もっと掘り下げたい方はこちらをどうぞ!


②理想の人生に近づくこと。

▼読書の効用2つ目です。

 詰まるところ本というのは、

 「著者の成功法則が書かれたもの」です。

 

 もっと分かりやすく言えば、

 「こうやったら私のようになれますよ」

 ということが書かれています。

 

▼ですから、

 ①理想の人生を見つけられたら、

 ②その著者の本をできるだけ多く読んで、

 どうすればその著者のような人生に

 近づくことができるかを学びます。

 

▼こう言うと、

 「人の真似は嫌だ」と言う人もいます。

 また、

 特定の著者に憧れることはあっても、 

 100%同意できることばかりではありません。

 

▼でも、

 ピアノでも書道でも料理でも、

 最初は先生(的な人)の真似をしますよね?

 

 「守破離」という言葉があるように、

 まずは真似から入って基礎を固めて、

 そこから自分らしい道へ行きますよね?

 

 千田琢哉さんはこう書かれています。

「あなたの人生で、これから先に起こる未知の難題に対するすべてのヒントは、すでにどこかの誰かが本に書いてくれている」 

 

▼僕らが今抱えている悩みが、

 「人類史上初の悩み」

 ということはまずありえません。

 

 どこかの誰かが同じように悩み、

 どこかの誰かが本にヒントを書いています。

 その手を借りない手はありません。

 

▼好きなことを仕事にしたければ、

 好きなことを仕事にした人の本を読む。

 

 人間関係に悩んでいれば、

 人間関係の悩みを解決した人の本を読む。

 

 時間に追われる生活が嫌なら、

 時間に追われる生活から脱出した人の本を読む。

 

 実にシンプルなことです。

 

▼しかも本は、

 その価値に比べれば圧倒的に安いです。

 中古で買えばもっと安いです。


オススメの本は、無い。

▼読書を勧めると、

 「じゃあオススメの本を教えて下さい」

 と言われます。

 

▼でも、

 理想とする人生はそれぞれ違います。

 僕は千田さんのような人生を送りたいけれど、

 あなたもそうとは限りません。

 

 誰かに答えを教えてもらうものではなく、

 読書「量」をこなすことで地道に見つけるものです。

 

 誰かにとって理想の服や鞄が、

 あなたにとっても理想とは限らないのと同じです。

 

まずは読書を習慣に!

▼僕は、

 まずは100冊読むことをオススメします。

 「100冊読んでも、どの著者にも全く憧れない」

 というのはちょっと考えにくいからです。

 また、100冊読むことで、

 より自分が望むサンプルに出会いやすくなります。

 

▼100冊というと

 腰が引ける方もいるかもしれませんが、

 習慣になれば100冊くらいすぐにいきます。

 

▼まずは100冊という数は無視して、

 上記2つの効用を意識しながら、

 ・常に本を持ち歩くこと

 ・1日1ページでも読むこと

 を習慣にしてください。

 

 「電車に乗ったらスマホをいじる」

 「電車の待ち時間にスマホをいじる」

 この習慣を止めるだけで必ず本は読めます。

 

 「休みの日にまとめて読む」とか

 「時間ができたら読む」のは非現実的です。

 

▼最初はちょっと大変かもしれませんが、

 成長実感を味わえるようになったら、

 きっと面白くなるはずです。

 

行動は不可欠。

▼「本で人生変わった」というのは、

 「読んだだけで変わった」

 ということではありません。

 

 読んで、行動して、変わったんです。

 

▼本を読んで祈っていても変わりません。

 「本で人生変わったなんて嘘じゃないか!」

 と文句を言っても何の意味もありません。

 

正直、読書は最強の武器です。

▼僕は、

 壁にぶつかる度に、

 悩みを抱える度に、

 欲しいスキルがある度に、

 関連する本を何冊も買い込んで、

 行動に移します。

 

 毎年毎年、

 違うテーマの本を読んでいます。

 なぜなら、

 進めば進んだ分だけ、

 新しい壁や悩みにぶつかるし、

 新しいスキルが必要になるからです。

 

▼その繰り返しで、

 間違いなくレベルアップしていきます。

 

▼読書は、

 いつでも、どこでも、何度でも、丁寧に、

 自分より遥かに上のレベルの人が教えてくれる

 最強の武器です。

 

《追伸》

 僕の読書法。

Next Stage Coaching(無料サンプルセッション受付中)

Skype又は電話で行いますので全国どこからでも!

メッセージもお気軽に!

「今こういう状況なんですが、どれを受けるといいでしょう?」などのご相談・ご質問、応援メッセージ、取り上げて欲しいテーマなどもお待ちしております! 

Twitter

 ブログ書けない日もつぶやいてます。 

 よろしければフォローしてください!

 Reo Arai (@reo_arai) | Twitter