読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

応援してもらったら、報告・お礼をする。

「応援される」ということ。

▼「本当にやりたいことをやる」ためには、

 「応援される」ということが不可欠です。

 否、正確には、

 「応援され続ける」ということが不可欠です。

 

 なぜなら、

 一時期応援されてうまくいっても、

 応援「され続けないと」

 いずれうまくいかなくなるからです。

f:id:happylife_r:20161102163643j:plain

▼僕はこれまで

 セミナー、コーチングなどを

 続けてきましたが、

 いくら「やりたい!」と意気込んでも、

 受けて下さる方がいないと、

 そもそもやることすらできません。

 

 それはつまり、

 気持ちだけが空回りして、

 本当にやりたいことを

 実現できないということです。

 

▼そんな中なんとかこれまで

 やってこられたのは、

 たくさんの方に 

 応援していただいたおかげです。

 

▼そのありがたみが分かっているので、

 クライアントを探している方や

 機会を求めている方には、

 できる限りSNSでシェアをしたり

 クライアント候補を紹介するように

 努めています。

 

報告と御礼。

僕が常々心掛けているのは、

 応援していただいた時は、

 「進捗状況を報告すること」

 「きちんとお礼を言うこと」。

 

▼大層なことではありません。

 たとえば、

 ・ご紹介頂いた◯◯さんと連絡取れました!

  またご報告します。

 ・ご紹介頂いた◯◯さんと

  お会いしてお話しました。

  ご紹介ありがとうございました!

 こんな感じでメッセージをしたり、

 自分にできるお返しをしたり。

 

▼どうしてそういうことを

 心掛けているかというと、

 第一に、

 そもそも応援してもらえることは

 当たり前ではないからです。

 

 ・紹介するに当たり

  当事者への連絡などの手間が掛かります。

 ・そして何より、

  その人が築いた人脈を

  お裾分けしてもらうわけです。

 それをしてもらうことは、

 決して「当たり前」ではありません。

 

 第二に、

 紹介した側は、

 多かれ少なかれ

 「うまくいったかな」

 と気になっているからです。

 AさんをBさんに紹介したら、

 Aさんのことも気になるし、

 Bさんのことも気になります。

 

▼ところが、

 紹介する前は

 「お願いします!」

 という感じなのに、

 いざ紹介したら、

 全く音沙汰なしという方もいます。

 

 ちゃんと先方に連絡してくれたのかな?

 ちゃんと話は進んでいるのかな?

 トラブルになったりしてないかな?

 僕は色々と気になります。

 

▼しばらくすると、

 僕が紹介した

 クライアントのほうから

 「◯◯さんをご紹介いただき

  ありがとうございました。

  先日話を聞いて頂きました。」

 と連絡を頂くことすらあります。

 ところが、

 サービス提供者のほうからは

 何の連絡もありません。

 

 さらには、

 そのサービス提供者が投稿した 

 SNSを見て初めて、

 「あぁ、ちゃんと会えたんだ」

 と知ることさえあります。

 

▼お礼を言われたいわけでもなく、

 見返りが欲しいわけでもありません。

 ただ単純に、

 「あぁ、僕とは大事にしていることが違うんだな」

 と思うだけです。

 

▼反対に、

 きちんとお礼や報告をくれる方だと、

 「あぁ、僕と大事にしていることが同じだな」

 と思うので、

 また応援したいなと思うわけです。

 

 どちらが正しい

 という話ではありません。

 

▼僕自身、

 完璧にお礼や報告が

 できているとは思いません。

 僕が気付いているところ、

 あるいは気付いていないところで、

 多くの不義理をしているはずです。

 

▼ただ、

 気をつけていても

 不義理をしてしまうのですから、

 気をつけてさえいなければ、

 どうなるかは明らかです。 

 

Next Stage Coaching(無料サンプルセッション受付中)

Skype又は電話で行いますので全国どこからでも!

メッセージもお気軽に!

「今こういう状況なんですが、どれを受けるといいでしょう?」などのご相談・ご質問、応援メッセージ、取り上げて欲しいテーマなどもお待ちしております! 

Twitter

 ブログ書けない日もほぼ毎日つぶやいてます。 

 よろしければフォローしてください!

 Reo Arai (@reo_arai) | Twitter