読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

なぜ人は行動できないのか?~「やりたい」のに「やれない」のワナ~

「やりたいことがあるなら、やればいい」

 

 そこは多くの方が賛同するはずですが、

 いざ自分のことになると、

 「やる人」は何割かです。 

f:id:happylife_r:20161003103110j:plain

▼ただ本人にしてみれば、

 「やらない」わけじゃないんです。

 本人は、

 「やれない」と思っているんです。

 

▼周りから見れば、

 「いやいや、やれるでしょ」

 「いやいや、言い訳でしょ」

 と思うようなことでも、

 本人は大真面目に

 「やれない」と思っています。

 

▼例えばこんな風に。 

「チャンスがあればやるの。

 お金があればやるの。

 家族の協力があればやるの。

 もっと若ければやるの。

 自信があればやるの。

 時間があればやるの。

 一緒にやる人がいればやるの。

 スキルがあればやるの。

 でも、 

 それがないから、やれないの。

 やらないわけじゃなくてね。」

 

▼これは笑い事ではなく、

 僕も含めた多くの方が、

 多かれ少なかれハマっている思考です。

 

どうしてそんなことが起こるのか?

潜在意識は、

 とにかく変化を嫌います。

 

▼なぜなら、

 大事なのは、安心・安全だからです。

 変化してしまうと、

 その変化の先で安心・安全が

 脅かされるかもしれない。

 

 だから、

 「やれる理由」を集めてきて

 「やれるよ!変化しようよ!」

 と言うのではなく、

 「やれない理由」をせっせと集めてきて、

 こう囁くわけです。

「キミは、

 やりたいけどやらないわけじゃない。

 やりたいけどやれないんだよ。

 だってほら、

 こんなに『やれない理由』が

 あるじゃないか。

 キミは怠けているわけでもないし、

 やる気がないわけでもない。 

 キミは毎日本当によくやってるよ。  

 やりたい気持ちはよく分かるが、

 『やれない』んだから仕方ないじゃないか。

 やりたいのに、実に残念だね。」

▼それで本人は、

 「そっか、やりたいけど、やれないんだよね。

  だから仕方ないよね。」

 そう納得してしまうわけです。

 

解決策!

▼大事なファーストステップは、

 このカラクリに気付くことです。

 つまり、

 「潜在意識が、

  やれる理由じゃなくて

  やれない理由を集めてきてるから、

  やれないと思っているだけなんだ。

  でも実際は、

  やれる理由はあるんだ!」

 というカラクリです。

 

▼次は、

 自分がどんな

 「やれない理由」にハマっているか、

 ということに気付くことです。

 

 普段は潜在意識が集めてきた

 「やれない理由」にしか

 目が行っていないので、

 本を読んだり、

 コーチングを受けたり、

 信頼できる人と話したり、

 そういう行動が必要です。

 

▼そしてその上で、

 ・本当はどうしたいの?

 ・そのために「やれる理由」は何?

 といったことを考えてみてください。

 ここでも人や本の手を借りると効果的です。

 

▼このカラクリにハマってしまうのは、

 もちろん僕も例外ではありません。

 一回抜けても、

 また別のケースでハマります。

 

 気づけば、

 「やらないんじゃなくて、やれない」

 と大真面目に思っています。

 

▼このパターンをわかっているので、

 月一回のコーチングであったり、

 本を通じた著者との対話を通じて 

 その思い込みに気付き、

 それを断ち切って前に進んでいく。

 その繰り返しです。

 

▼もちろん僕が提供するコーチングでも、

 そういったことは常々意識しています。

 

セミナー情報!

Next Stage Coaching(無料サンプルセッション受付中)

Skype又は電話で行いますので全国どこからでも!

メッセージもお気軽に!

「今こういう状況なんですが、どれを受けるといいでしょう?」などのご相談・ご質問、応援メッセージ、取り上げて欲しいテーマなどもお待ちしております! 

Twitter

 ブログ書けない日もほぼ毎日つぶやいてます。 

 よろしければフォローしてください!

 Reo Arai (@reo_arai) | Twitter