読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

ライフワークに確実に時間を充てる2つの方法。

▼前回、

 ライスワーク(本業)と

 ライフワーク(本当にやりたいこと)の

 バランスについて書きました。 

ポイントのまとめ。

1)バランスを失うと、

  ライスワークに忙殺されて

  ライフワークが一向に育たない。

2)ライフワークは、

  意識的に育てないと勝手には育たない。

3)「ライスワークが一段落したら、

   ライフワークに本腰入れよう」

  と考えていても、

  ライスワークが一段落することはまずない。

f:id:happylife_r:20160611141502j:plain

読者の声。

▼この記事に対して、

 「耳がイタイ」という声を複数頂きました。

 

「ライフワークを育てていきたい!

  本当にやりたいことをやって生きたい!

  でも現実問題、時間を掛けられていない!」

 そんな葛藤が聞こえてきます。

 僕自身も未だにバランスに悩んでいますから、

 お気持ちはよく分かります。

 

解決策。

▼なんだかんだで

 ライフワークに手が回らない原因は、

 「いつ・どういう形で

  ライフワークに時間を充てるか」

 が決まっていないことが大きな原因です。

 

 そこで、

 「この時間は

  ライフワークを育てるために使う!」

 という『仕組み』を作ることです。

 

▼「やりたいことが見つかれば

  やる気も行動力も無尽蔵に湧いてくる!」

 なんていうのは誤解です。

 「やる気や行動力が

  湧いてこないということは、

  これはやりたいことじゃないのかも」

 というのは論理的ではありません。

 

▼人は易きに流れます。

 忙しければ目の前のことで

 いっぱいいっぱいになります。

 それを知った上で、

 意志や根性などの精神論に頼るのではなく、

 仕組みを作って確実に進むことが必要です。

 

▼もちろん、

 嫌なことを仕組みで動かすより、

 本当にやりたいことを

 仕組みで動かす方が断然楽ですけどね。

  

仕組みを作る方法は2つあります。 

①自分一人で完結する方法。

②人を絡ませる方法。

 どちらかではなく、

 うまく併用することがオススメです。

 

①自分一人で完結する方法。

▼例えば、

 ・毎週水曜日は定時に帰って、

  あそこのスタバに寄って、

  1時間ライフワークに充てる

 ・毎朝15分早起きして

  ライフワークに充てる

 という風に決めてしまいます。

ポイント1:判断の余地を入れない。

▼たとえば、

 「毎週できるだけ時間を作る」だと、

 何をもって「できるだけ」なのか分からないので

 その都度判断しなければなりませんし、

 なんとでも言い訳ができます。

 

 また、「週一回」だと、

 何曜日にするかという判断が必要です。

 

▼そうではなくて、

 「水曜日の仕事後に1時間、あのスタバで」

 と決めてしまうと判断の余地がありません。

 達成か未達成かという結果だけです。

 未達成なら、改善策を考えます。

 

ポイント2:ベビーステップにすること。 

▼いきなり大きな仕組みにすると、

 なかなか達成できません。

 達成できずに自己嫌悪になって、

 結局何もしなくなっては本末転倒。

 

最初は、

 「これくらい余裕でクリアできるわ」

 と思うくらいにします。

 

▼「水曜日の仕事後に1時間、あのスタバで」

 という仕組みを、

 最初は

 「水曜日は15分早く仕事を切り上げる」

 まで下げます。

  ↓

 そして

 「水曜日は帰りにスタバでコーヒーを買って帰る」

  ↓  

 「水曜日は帰りにスタバに寄って5分座る」

 という風にステップを上げていく感じです。

 

 それくらいだったらできそうだと思いませんか?

 

②人を絡ませる方法。

▼1つめは、

 自分次第で何とでも言い訳できてしまいます。

 これに対して2つめは、

 人を絡ませるので、

 より確実に時間を充てるようになります。

 

▼オススメはコーチングです。

  「あなたがコーチをやってるから

  オススメするんでしょう?」

 と思われるかもしれませんが、

 『たまたま』コーチをやってるから

 オススメするわけじゃありません。

 

 僕は、

 オススメしたいくらい

 有効な手法だと思ったからこそ、

 コーチになりました。

コーチングを月1回入れておけば、

 自動的にその日はやってきます。

 

 僕のように先延ばしグセがある人には、

 「自動的にその日がやってくる」

 というのは大きなメリットです。

 

▼毎回コーチングの終わりに

 「翌月の予約」を入れることにしているので、

 予約を忘れることもなければ、

 わざわざ予約の連絡をする必要もありません。

  

コーチングの1時間は、

 やりかけの仕事も、

 気になることも全て脇において、

 ひたすら自分と向き合う時間に集中します。

 

▼僕も1年半以上コーチを付けていますが、

 予約をキャンセル・延期すれば

 (コーチとの契約次第ですが)

 キャンセル料がかかりますし、

 何度もキャンセル・延期するのは

 かなり気が引けます。

 

▼正直に言うと、

 「あー、今日コーチングかー、

  受けてる余裕ないのになー」

 と思うことも多いです。

 

▼でも、

 先ほどの理由から、

 よほどのことがない限り、

 なんとしてでも受けます。

 

▼それによって、半強制的に、

 「緊急かつ重要なこと」ではなく

 「緊急じゃないけど重要なこと」に

 1時間掛けることができるんです。

 

▼もしこれが

 自分一人で完結する仕組みなら、

 僕はそれほど意志が強くないので、

 「まぁ、今日は忙しいからいいや」

 と言って先延ばしにします。

 

▼自分一人で完結する仕組みが

 どれだけ破綻しても、

 コーチングさえ受け続ければ、

 毎月必ずライフワークを育てる時間が

 確保できます。

  

▼コーチングの1時間は、

 深い気付きがあったり、

 自分自身をメンテナンスできます。

 (相応の費用を支払うので、

  それがないと受ける意味ないですよね。)

 

▼コーチングで気づきを得る

  ↓

 それを前提に、

 一人で完結する仕組みを使って

 ライフワークを育てる

  ↓

 また翌月のコーチングを受けて

 気づきを得る

 

 このサイクルを回すわけです。

 

▼その他の「人を絡ませる方法」も、

 ・定期の勉強会に参加する

 ・グループを作って定期的に報告しあう

 など、色々あります。

 

 今週末に開催するライフエンジンの

 オンライン版は、

 その仕組みづくりに最適です。

 (セミナー参加者はオンライン版1ヶ月無料)

まとめ。

 ①一人で完結する方法と

 ②人を絡ませる方法をうまく融合させて、

 ぜひライフワークを育てる

 「具体的な行動」を続けてください!

 

 とにかく、

 歩みを止めないことです。

 ゆっくりでも良いんです。

 一旦足を止めると、

 また歩み始めるのが大変です。

 

 ここまで読んでくださったあなたのことを、

 僕は心から応援しています。

 そして、

 「ワクワクする人生」を目指す同志として、

 共に歩み続けたいと思います!

 

コーチング受けてみようかなという方はコチラから。

無料サンプルセッション受付中です。

Skype、電話で可能ですので全国どこからでも。


現在提供中の全コンテンツはHPまで! 

意識と行動で人生は好転する!

メッセージもお気軽に!

「今こういう状況なんですが、どれを受けるといいでしょう?」などのご相談・ご質問、応援メッセージ、取り上げて欲しいテーマなどもお待ちしております!

 

Contact - 意識と行動で人生は好転する!