読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

『いや、お節介とかじゃなくて、その人の可能性が見えちゃってるから』という僕の言い分。

▼僕は人に対して、

 「なんで、行動に移さないの?」

 「なんで、決断できないの?」

 「なんで、躊躇するの?」

 「なんで、待つの?」

 そう思うことが少なくありません。

 簡単に言うと、

 「なんで、やれるのにやらないの!?

  あなたなら、やれるよ!!」

 という思いです。

 

 その感情は、

 期待という感情もあれば、

 怒りや憤りに近いものも混じっています。 

f:id:happylife_r:20141109164409j:plain

▼冷静に考えれば、

 とってもお節介な話ですよね。

 

 だけど、

 「あなたなら、やれるよ!」

 そういう思いを抱かざるを得ません。

 

▼そういう話をしていた時、

 コーチ仲間である中西沙耶香さんから、

 こう言われました。

「その人の可能性まで見ているから、

 早く何か一押ししたくなるんですね。」

さーやの逓増日記

 この言葉、猛烈に響きました。

 「その人の可能性まで見ている」

 まさにそのとおりです。

 

▼そして、同じことを、

 我が尊敬すべきコーチ大下千恵さんからも

 言われたことを思い出しました。

 数カ月前に。

 その時は、

 「そうそう、そうなんですよ」

 程度だったのですが、

 ここにきてハマりました。

 

テレイドスコープ | 日常をパレードのように彩り豊かなものに。だって止まってる暇なんてないでしょう?

▼目の前の相手は、

 「今は」行動に移せていない。

 「今は」決断できていない。

 だけど、

 その人が持っている可能性からすれば、

 「今」行動できるはずだし、

 「今」決断できるはず。

 その、「可能性」を見ています。

 

▼「『できるよ!』とか言ってるけど、

  そういう自分はできてんの?」

 と聞かれたら、

 できてないことだらけ。

 

 あるいは、今はできていても、

 昔は全然できていなかったことだらけ。

 

 それでも「できるよ!」と思うのは、

 「僕ができたんだからできるよ」

 ではなく、

 「あなたが持っている可能性からすれば、

  できるよ!!」

 と思っているから。

 

▼だけど、

 人によってはお節介だと感じるだろうし、

 人それぞれ性格も、価値観も、

 生きてきたストーリーも、

 やりたいことも、スピードも、

 違います。

 

 僕が背中を押そうとすると、

 それがプレッシャーになる場合も

 あるでしょう。

 

▼でもでもでもでも、

 僕は、あなたの中に、

 既に可能性を見つけちゃってます。

 それは、 

 僕が可能性を見抜く力があるんじゃなくて、

 もうね、

 その人の体のアチコチから、

 可能性が漏れちゃってる感じです。

 「も、漏れてますけど、、、」

 という位、

 分かりやすかったりします。

 ご本人気付いてなくても。

 

▼だから・・・

 押してはいけませんというボタンを

 押したくなるように。

 決して開けてはなりませんと言われた障子を

 開けたくなるように。

 

 どーーーしても、

 「やれるよ!!」

 と言いたくなります。 

 

▼だから僕は、

 「やれるよ!!」

 と勢いよく背中を押したい自分と、

 相手を尊重しなければならないという自分

 の狭間で、いつも悶絶しています。

 

▼文中に登場した中西さんは、

 クライアントから

 「羊水の中にいるみたいだった」

 「ゆりかごの中で揺らされてる感じ」

 という感想を受ける驚愕のコーチ。

 

 確かに、

 中西さんと話していると、

 全てを肯定して包み込んでくれるような

 不思議なパワーを感じます。

 

 コーチにも相性があります。

 無料サンプルセッションもされていますので、

 気になった方はぜひ一度中西さんと話してみてください!

 

さーやの逓増日記