読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

ミニマリストチャレンジVol.9《カバン・靴編》~服と同じ方法でこれも減らす~

▼服と同じように増えてしまいがちなのが、

 カバンと靴ですよね。

 特に女性は、

 服装やシーンに合わせて色々使い分けるイメージがあるので、

 「これは持っておいた方が便利かも」という具合に

 どんどん増えていくのではないでしょうか。

f:id:happylife_r:20140823074636j:plain

▼以前、服の減らし方として、

① カテゴリー自体を減らす

② 各カテゴリーに一軍服だけにする。

  各カテゴリーの適量は、全ての服にちゃんと出番が回る量。

 という方法を書きました。

ミニマリストチャレンジVol.5《服編2》~僕はこうやって減らしました~ - 意識と努力で人生は好転する。

カバンと靴もこれと同じ方法です。

 

■①カテゴリー自体を減らす。

 僕は以前、カバンは、

 ●仕事用×2個

 ●私用×3,4個

 ●旅行用×1個

 くらい持っていました。

 

▼なぜこんなに増えるかというと、

 ときめくカバンに出会うと、

 「これはこういう時に使えそう」

 とクリエイティブな理由をたくさん作って、

 どんどんカテゴリーを増やしていたんです。

 そして、新しいカバンを買っても、

 古いものだと10年位前から持っているのに

 惜しくて処分できないものがありました。

 

▼だけど、

 そこで作ったカテゴリーは結構こじつけで、

 結局他のカバンとカテゴリーがかぶってしまって

 一軍二軍の優劣ができてしまったり、

 そのカテゴリーが登場するのは1年に1回あるかないかだったり、

 そんな感じでした。

 

▼それに気づかず、否、気付かないふりをして、

 モノを増やしてしまったわけです。

 

▼ですから、まずはカテゴリーを減らす。

 こういう時はこれ、こういう時はこれ、

 という風に細分化せず、

 明確な用途の使い分け、

 シーンの使い分けをしていきます。

 滅多に来ない日、

 滅多に来ないシーンのために

 カバンと靴を溜め込まないという強い信念。

 

▼古くなって出番がなくなったカバンは、

 「もしかしたらまた使うかも」

 と思わず、思い切って減らしましょう。

 

■②各カテゴリーに一軍だけを持つ

▼次は、①で絞ったカテゴリーについて、

 一軍だけを持ちます。

 これは、各カテゴリーに1個・1足である必要はありません。

 「全てにちゃんと出番が回る数」です。

 

▼例えば、私用で使うショルダーバッグが2個あっても、

 服のスタイルに合わせて2個とも出番が回るとか、

 どちらも好きで気分に合わせて使うなら、OK。

 

▼良くないのは、

 優劣(一軍・二軍)がついてしまって、

 結局どちらかしか使わない状態。

 

■減らした結果

▼カバンは、

 ●仕事用×1個

 ●私用×2個(大きめショルダーと小さいショルダー)

 ●旅行用×1個

 まで減らせました。

 私用の2個は、

 完全にカテゴリーが別。

 

▼10年位前に買った吉田カバンの限定品も処分。

 これは、デザインが本当に好きで、

 「いつか出番が来る」と思って取っておいたのですが、

 数年間出番なし。

 どうしても今の服装や持ち物のスタイルには合いません。

 他にも、好きなのに、

 どうしても出番が少ないものは処分しました。

 

▼靴は、

 ●革靴→一軍ばかりなので維持。

 

 ●スニーカー×3。

 全てに出番が回っているかというと微妙なのですが、

 どうしても捨てられません。

 うーん。

 

 ベタですが、やっぱりスタンスミスは最強です。