読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

独立半年を振り返ってVol.2~自由になっても、自由には選べない~

独立について

▼「独立したい。フリーランスって良いな」

 そう感じる大きなポイントは、

 「自由にできる」

 というところではないでしょうか。

f:id:happylife_r:20150616193232j:plain

▼勤務していると、

 ●大量の仕事を振られたり、

 ●やりたくない仕事を押し付けられたり、

 ●不本意な異動をさせられたり、

 ●理不尽に怒られたり、

 ●人間関係で悩んだり、

 ●やってもやっても給料が上がらなかったり、

 ●理解できない慣習があったり、

 ●働く時間や場所を決められていたり、

 思い通りにいかないことは多いですよね。

 

▼ただ、「独立すると、自由で良いですね」

 と言う時の「自由」というのは、

 「会社で感じている不自由から自由になれる」

 という意味に過ぎなかったりします。

 

 しかし、会社で感じていた不自由から自由になって、

 それでオールオッケーかというと、

 とんでもありません。

 

▼自由は、「無」でしかありません。

 「無」であることは、

 その状態ではお金は入ってこないということです。

 

独立した瞬間から、

 誰も何も押し付けてこない代わりに、

 全て自分で選ばなければなりません。

 そして、とっても大事なことは、

 『選べるだけの自分』

 にならなければならないということです。

 

▼「こういう仕事をしたい!」

 「こういう人を雇いたい!」

 「こういう働き方をしたい!」

 「これくらい収入が欲しい!」

 望むのは自由ですが、

 仕事、人、働き方、収入を選ぶには、

 それを選べるだけの自分であることが大前提です。

  選り好みするという意味ではなくて、

 「選んでもらえる自分である」という言い方もできます。

 

▼つまり、

 「こういう仕事をしたい!」

 といくら望んでも、

 自分に、その仕事を依頼してもらう価値がなければ、

 誰も頼んでくれません。

 

 勤務時代にできていた仕事は、

 その会社が「その仕事を依頼してもらう価値」

 があったからこそ。

 フリーになったら依頼してもらえない仕事なんて

 山ほどあります。

 

▼自分がしたい仕事をする。

 働きたい人と働く。

 好きな働き方をする。

 欲しい収入を得る。

 そのためには、

 それを選べるだけの自分でなければなりません。

 

▼そもそも独立当初は、

 選べる範囲は狭いことが多いでしょう。

 僕はそうでした。

 

▼会社で不自由だと感じていた範囲のことというのは、

 ごく限られた範囲です。

 働く時間が自由になったところで、

 服装が自由になったところで、

 働く場所が自由になったところで、

 事業の成功とは別次元です。

 

▼勤務していると、

 どこからともなく仕事がやってくるような感覚に陥りますが、

 独立してみて、それはただの錯覚だと気付きました。

 独立前から頭では分かってはいたのですが、

 やはり、実感が違います。

 何もしなければ、仕事はこない。

 何もしなければ、預金残高が減っていくだけ。

 当たり前過ぎる真実に、改めて気付かされました。

 

▼なんだか、

 独立のネガティブサイドのように書いてしまいましたが、

 「選べるだけの自分でなければならない」

 ということは、

 「選べるだけの自分にさえなれば、選べる」

 ということです。

 スキル、人格、魅力などを高めていけば、

 選べることはどんどん増えます。

 

▼そのためには意識と努力が必要になりますが、

 その意識と努力が、

 良くも悪くも自分にダイレクトに返ってくる。

 これは独立の醍醐味です。 

 

独立によって得られる最大の自由は、

 あらゆる方向に向かって歩いていける自由かもしれません。

 

▼ただそれは、

 自分の足で歩き続けなければならないという責任でもあります。

 そこにワクワクを感じられるなら独立に傾きますし、

 そこにワクワクを感じないのなら独立しない方に傾きます。 

 

▼「独立したい」という声はチラホラ聞きますが、

 会社で感じている不自由から自由になりたいというのが

 主たる動機であれば、

 ちょっと冷静に考えた方が良いかもしれません。

 

▼さも分かったように書いてしまいましたが、

 独立半年の今の実感としては、こういう感じです。

 

 僕はまだまだ選べる範囲は限られています。

 これから、

 たとえ少しずつでも広げていきたいと思います。

 

 独立して成功された方が書かれた本、

 たくさんの独立事例に触れてきた方の本は、

 たくさんあります。

 ぜひ手にとって見てください。