読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

ミニマリストチャレンジVol.5《服編2》~僕はこうやって減らしました~

▼前回は、服について総論的な話を書きました。 

ミニマリストチャレンジVol.4《服編1》~物欲と減らしたい欲の狭間で~ - 意識と努力で人生は好転する。

▼改めて僕は、

 『自分が本当に好きだと思う服を着続けたい』

 という価値観を持っていることを確認。

 

▼その価値観を実現するために、

 4つのルールを決めました。

【Step1】アウト(減らす)

(1)ときめかなくなった服は処分する。

(2)たとえときめく服でも、

   全ての服にちゃんと出番が回る量まで減らす。

【Step2】イン(買う・もらう) 

(3)価値観やライフスタイルの変化に伴って、

   「ときめきが出来るだけ長く続く服」を買い足す。

(4)たとえときめく服でも、

   全ての服にちゃんと出番が回る量を超えない。

 

f:id:happylife_r:20150107100652j:plain

▼先ほどのルールの順序でミニマル化します。

(1)まずは、ときめかなくなった服は全部処分。

(2)ときめく服が多すぎて、

 全ての服に出番が回る量まで減らせなかったら?

 後ほど書くノウハウも駆使して、頑張りましょう。

 それでも難しいなら、とりあえず時間を置きましょう。

 その内また減らせる服が出てきます。

(3)頑張って減らした。

 だけど、服、欲しいですよね。やっぱり。←ここ重要。

 だから、

 「何着しか持たない」

 「一着買ったら一着捨てる」

 という厳しいルールは設けません。

(4)ただ、

 「全ての服に出番が回る量」というのは意識。

 その範囲なら、

 「ときめきが出来るだけ長く続く服」を見極めて、

 買い足しても良いことにします。

 「全ての服に出番が回る量」という限界を設ければ、

 むやみに買うことはなくなってきます。

 

▼緩いようで厳しいルール。

 自分なりのしっくりくる基準を探してみてください。

 

▼さて今日は、

【Step1】アウト(減らす)

(1)ときめかなくなった服は処分する。

(2)たとえときめく服でも、

   全ての服にちゃんと出番が回る量まで減らす。

 について、僕なりのノウハウを書きます。

 

■カテゴリーを減らす。

▼これ、効果絶大です。

 服は、その服が必要なシーンや用途でカテゴリー分けできます。

 例えば、

 「これは仕事用のシャツ」

 「これは私服用のシャツ」というように。

 

▼10個のカテゴリーにそれぞれ2着持てば、

 それだけで20着。

 これを、カテゴリー自体5個に減らせば、

 それぞれ2着持っても10着に減ります。

 

カテゴリー自体減らしてしまえば、

 そのカテゴリーの服は減らせる!

 という発想です。

 

▼僕は、カテゴリーをたくさん作って、

 「処分しない理由」をこじつけていました。

 例えば、

 「汚れても良い服として必要だな」

 「ちょっとコンビニに行く時に羽織るのに便利だな」

 「ちょっとしたパーティーの時に必要だな」

 「半袖だとちょっと寒いけど、普通の長袖シャツだと

 ちょっと暑い時に便利だな」

 「お気に入りのロンTが洗濯中だった時の予備に必要だな」

 「3泊以上の旅行で必要だな」

 「この組み合わせの時は絶対必要だな」

 「大事な仕事に臨む時に必要だな」

  もう、自分でも驚くほどアイディアが湧き出ます。

 

▼だけど、「ほんとにその時って来るの?」

 と自問すると、大概、「き、来ません」となります。

 あるいは、来るかもしれないけど、

 他の服で代用できるので困らない。

 

この作業で、必要最小限のカテゴリーにしぼります。

 カテゴリーの数は、

 その人のライフスタイル次第です。

 ただ、とにかくカテゴリーを減らす意識が無いと、

 先ほどの僕のように、

 どんどんアイディアが湧き出るので注意です。

 

■一軍しか持たない。

▼カテゴリーを減らしました。

 それでも当然、それなりのカテゴリーが残ります。

 

次は、各カテゴリーの中で、一軍服に絞ります。 

 同じカテゴリーの中で一軍と二軍を持つと、

 本当に好きな一軍服を着るのがもったいなくて、

 いつの間にかイマイチな二軍服ばかり着ます。

 あるいは、着もしない二軍を持ち続けます。

 

▼僕はこの作業で、もったいなくて着ていなかった

 MARGARET HOWELLの白シャツをようやく下ろせました。

 

▼「一軍服に絞る」というのは、

 「各カテゴリーにつき1枚 」

 ではありません。

 そのカテゴリーで用意する服は、

 「全ての服にちゃんと出番が回る数」。

 

 例えば仕事用シャツは、

 平日毎日着るなら5枚は必要。

 その5枚を一軍だけにします。

 

▼「全ての服にちゃんと出番が回る数」を超えると、

 間違いなく一軍と二軍ができます。

 「長袖の私服のトップス」は3枚が適量なのに5枚持つと、

 2枚は二軍行き。

 全く着ない二軍を持ち続けるか、

 逆に二軍ばかり着るはめになります。

 

▼「全ての服にちゃんと出番が回る数」に収めるポイントは、

 同じ色・柄・形は2枚以上持たない。 

 ただし、洗濯の関係で、

 同じ色・柄・形を2枚以上持つ必要がある場合は別。

 

 例えば、平日洗濯をしないなら、

 仕事用白シャツは、同じ色・柄・形ですが、

 5枚必要。

 それでも、全ての服にちゃんと出番が回りますね。

 

 ところが、

 多くても週一しか出番が来ないストライプシャツを2枚持つと、

 今週1枚着ても、来週には洗濯が終わってまた2枚に戻ります。

  

 こうなると、いつの間にか一軍と二軍が分かれて、

 着ない方のストライプシャツが必ず出てきます。

 

 他方、色・柄・形が違えば、

 組み合わせや気分で出番を回すことができます。

 それでも「週末着る服」というカテゴリーが一緒なら、

 一軍と二軍に別れる可能性はありますが、

 同じ色・柄・形で2枚持つより可能性は低い。

 

▼「一軍」の基準は人それぞれですが、

 僕の今の基準は、

●ベーシックな形(流行りを取り入れていない)

●ベーシックな色(白、青系、グレーなど)

●無地、狭いギンガムチェック、

 狭いボーダー、狭いストライプ

●使っている色はベーシックな色×2色まで

●お店やブランドで「定番」とされているもの

●自分に似合う色

●肌触りが良い

 このポイントを出来るだけ多く抑えた服です。

 

 値段は関係ありませんし、

 ショップやブランドも関係ありません。

 ただ、自分の感性に合うショップ・ブランドをもっておくと、

 失敗が減り、

 ときめきが続く服を見つけやすくなります。

 

▼もちろん今後の価値観・ライフスタイルの変化で、

 この基準も変わり得ます。 

 

■減らしてみた結果

▼残ったのは、

 ●無地(胸にワンポイント含む)

 →ベーシックな色ばかり(白、青系、グレー)

 ●白×青系のストライプ/ボーダー

 ●白×青系のギンガムチェック

 

▼一番多いのは白シャツ。

 原色、3色以上使い、柄物、

 文字入り(ワンポイント程度はある)

 は残りませんでした。

 

 ただ、PLAY COMME des GARCONSにハマってしまい、

 それは例外的にロゴや文字入りなのですが・・・。

 

▼昔は無地(ワンポイント含む)の服は絶対着ませんでした。

 「白シャツは絶対嫌!」

 と思っていましたし(仕事で着るのは渋々)。

 

▼ 「ぼくたちに、もうモノは必要ない」にこうあります。

 色の刺激の強いモノは、その刺激のせいで、「飽きる」速度も速まる。

 目に優しい色のモノ、素材そのままのような刺激の弱い色のモノが、結局は飽きる速度も遅く、長く使える。

 今思えば、以前の僕は「刺激」を求めていたのかも。 

 刺激の強い服は、 

 買う時はテンションが上ります。

 だけど、飽きるのも速い。

 ですから、改めて「何を残すか」を考えた時に、

 刺激の強い服が落選していったのでしょう。 

 

▼かなり減りはしたものの、まだいける気がします。