(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

ミニマリストチャレンジ《事務所編》~『ぼくたちに、もうモノは必要ない。 』(佐々木 典士さん著)を読んで~

▼昨日、「ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ」(佐々木 典士さん著)(以下、「ぼくモノ」)をご紹介しました。

 

「幸せ」や「感謝」の本質に気付けるオススメの本~『ぼくたちに、もうモノは必要ない。 』(佐々木 典士さん著)~ - 意識と努力で人生は好転する。

▼この本に影響され、ミニマリスト欲が湧きました。

 今回僕が、どのように「本当に必要なモノ」を見極め、

 減らしていったか。

 「ぼくモノ」を始め、近藤麻理恵さんや、

 ゆるりまいさんの本から学んだことを実践する、

 名づけてミニマリスト・チャレンジ。

 今日は、”事務所編”

■総論的に、3つだけ基本的な考え方。

(1)「不要なモノ」を選ぶのではなく、「必要なモノ」を選ぶ!

 何が「必要」で何が「不要」なのか。

 基準は人それぞれですが、

 「明らかに不要なモノ以外、残りは全部必要!」という発想では、

 モノを減らすことはできません。

 なぜなら、「これは必要だ!」と言うための理由は、

 いくらでも考えつくから。

 ですからまず、

 「明らかに必要なモノ以外、残りは全部不要!」

 というマインドに変えます

 そうすると自然に、「不要なモノを選ぶ」のではなく、

 「必要なモノを選ぶ」ようになります。

 

(2)モノを減らすこと”自体”が目的ではない!

 「ぼくモノ」にはこうあります。

 モノを少なくすることは「目的」ではない。
 ミニマリズムはそれぞれが違う大事なものを見つけるための「手段」。
 一定量まで減らさなきゃいけないという強迫観念を持つことはありません。

 

(3)収納や整理で解決しない!

 収納や整理を工夫して見栄え良くするのではなく、

 モノを減らすことが先。

 理想は、収納や整理をしなくて良い位まで減らすこと。

 (2)のとおり減らすこと自体は目的ではありませんが、

 本当に必要なモノだけ残したら、きっとそうなると思います。

 

■ミニマリスト・チャレンジ。

▼僕は今年1月に独立し、事務所を構えました。

 家具、家電、備品などを1から揃える中で、

 「できるだけモノは少なく」

ということは強烈に意識していました。

 

▼それでも今回取り組んでみると、不要なモノがたくさんありました。

 たとえば・・・

 ●前勤務先時代に私的に購入した大量の文房具

 (ペン、ファイル、クリップなど)

 ●ノベルティで付いてきたカードケース

 ●オシャレな容器/小箱

 (例えば、財布を買った時に財布が入っていた小箱)

 ●家電・家具の付属品・説明書

 ●ケーブル類(もはや何に使うのかも不明)

 ●カード類

 (ショップのポイントカード、行かなくなった病院の診察券)

 ●いつか読もうと思ってプリントアウトしたウェブ記事

 ●薬の残り

 ●ちょっとした小物類

 ●ポストカード

 

▼モノと改めて向き合って自問自答しました。

 次第にいくつかの基準が見え、例えばこういうモノは捨てました。

 ●あったら便利かもしれないけど、なくても大丈夫なモノ

 ●いつか使うかもしれないけど、使う可能性が低いモノ

 (例:延長コード)

 ●同じ用途で複数あるもの

 (例:定規、カードケース、ペンなど)

 ●整理するためのモノ

 (小箱とか容器類。そもそもモノを減らせば、整理・収納グッズが不要になる)

 ●デジタル化できるモノ

 (例:説明書や書類は、スキャン)

 ●食べないお菓子(賞味期限切れもあった)

 

今回一番効果があったのは、

 『あったら便利かもしれないけど、なくても別に大丈夫なモノ』

という基準。

 

▼これまでの発想。

 「いつか必要になるかも。

 その時に、『捨てなきゃ良かった!』と後悔したくない。

 置いておくだけなら、たとえ使わなくてもプラスマイナスゼロ。

 じゃあ、”念のため”置いておこう。」

 

▼これで所有し続けるモノって、かなりあると思うんです。

 だけど、そもそも「置いておくだけ」で、有形無形のマイナスが生じています。

 どういうマイナスかは、ぜひ「ぼくモノ」を読んでみてください。

 

▼今回、こう考えました。

 「確かに、いつか必要になるかも。

 だけど、その『いつか』は本当にくるの?

 その『いつか』のために、

 今たくさんのモノを所有する意味があるの?

 そもそも、『いつか必要になる』って言っても、

 せいぜい『あったら便利』程度でしょ?

 それなら、別になくても良いよね。」

  

▼文房具。

 頭を悩ませました。

 社会人になって7年半、好きで集めたモノばかりです。

 中にはそれなりの値段するモノもあるので、なかなか捨てられない。 

 

 だけど、無理矢理使おうとすると、文房具好きなだけに、

 微妙な気持ちになる。

 使わないと、それも微妙な気持ちになる。

 

 そこでFacebook上で、

 「送料負担で送るので、このペンもらってください!」

 と告知してみました。

 すると、何人かが手を上げて下さいました。

f:id:happylife_r:20150630124118j:plain

 ペンを引き取ってくださった大学生。 

 必要な方が使ってくれた方が良いですね。

 今は、

 ・万年筆、シャーペン、ボールペン×1

 ・4色ペン×2

 ・蛍光ペン(黄色のみ)

 ・ストック数本

まで減らせました。

 

▼デスクまわり。

f:id:happylife_r:20150702081946j:plain

 手をつける前。

 独立半年でこれ。

 前の勤務先のデスク上は、要塞のようでした。

 これでも比較的スッキリしている方かもしれませんが、

 PCに向かっている時に目に入るモノが多すぎます。 

f:id:happylife_r:20150702085315j:plain

 

f:id:happylife_r:20150702085443j:plain

 今はこの状態。

 あんまり変わった感じはしないかもしれませんが、

 座った時の光景が見違えました。

f:id:happylife_r:20150702082405j:plain

 引き出しの中。

 手をつける前は、テトリスのようにモノがビッシリでした。

 ここまで減らせば、整理の必要すらなくなります。

 

▼説明書など。

 ネット上でPDFで公開されているものは、 

 ダウンロードしてEvernoteへ。

 紙は捨てました。

 ネット上にないものは、

 必要箇所だけスキャンしてEverenoteへ。

f:id:happylife_r:20150702125742j:plain

 残ったのは、これだけ。

 保証書と、家具専用のドライバーと、ごくわずかの説明書。

 まだいけそうです。

f:id:happylife_r:20150702130016j:plain

  捨てる前は、この箱がパンパンになるくらいありました。

 

▼おおまかなところではこういう感じですが、

 ずっと使っていないオシャレなクリアファイルや、

 いつ使うか分からない小箱や容器は一掃。

 デスクで使うミニ扇風機も譲りました。

 

▼これまでモノを増やしてきたのに、

 いきなり必要なモノが完璧に分かって、

 一気に捨てられるということはありえないでしょう。

 僕が今日ご紹介した部分も、まだまだいけるはずです。

 

▼「ぼくモノ」の著者自身もこう書いています。

 モノを減らし始めてから今まで5年以上かかっている

 焦らずいきましょう。

 次回は服類について書こうかと思っています。