読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

オシャレ&シンプル扇風機【kamomefan】FKLQ-302D

▼僕はクーラーが苦手で、去年まで勤めていた事務所では、真夏でもカーディガンを羽織ることさえありました。

 直風は天敵。

 僕は福岡出身なので、「九州は暖かいから寒さに弱いんだね。」と妙に納得されることがありますが、それは福岡の南国感を過大評価しています。

 

▼今年は独立したので、できるだけクーラーを使わずに扇風機を活用したいと思い、先日購入しました。

 

▼どれを買うかかなり迷ったのですが、

 《kamomefan メタルリビングファン》(FKLQ-302D )

のホワイトにしました。

 デザインの良さとシンプルさ、そして、カモメの羽をヒントにした羽で、

今までにない自然でやさしい風を生み出すことを実現。

無駄なく、無理なく。

遠くまで、ふわりと届く風。

というコンセプトに惹かれました。

kamomefan | d-design
d-designのサイトはこちら> ...

▼最初は、

 BALMUDA(バルミューダ)の GreenFan Japan(グリーンファンジャパン)

が有力でした。

 BALMUDAは、2003年に東京で設立された家電メーカーで、とにかくシンプル・オシャレな家電です。

 空気清浄機はBALMUDAを持っているので扇風機も揃えたいと思いました。

 しかし、自然界の風を再現するというコンセプトや圧倒的なシンプルデザインには惹かれるものの、値段なども総合考慮して、kamomefanに軍配。

 

▼もう一つ候補だったのは、

 ±0 プラスマイナスゼロ Stand Fan リビングファン (XQS-V110)

 これもシンプルで美しく、お手頃です。 

 ちょっと扇風機扇風機し過ぎている感を否めず、kamomefanに軍配。

 

▼kamomefan開封の儀。

 携帯で見ると写真が横向きになるみたいなので、適宜頭を横に向けてご覧ください。

f:id:happylife_r:20150512121752j:plain

 箱がなかなかオシャレです。

f:id:happylife_r:20150512121705j:plain

 組み立てという程の組み立ては不要。

 土台と支柱と頭を差すだけで、1分足らずで完成。

f:id:happylife_r:20150512122633j:plain

 高さ調節は支柱を外して2段階。

 首を上下に出来るので、高さは2段階で不便無いと感じます。

f:id:happylife_r:20150512121710j:plain

 フチです。

 安っぽい塗装ではなくて、ちゃんとシルバー。

 支柱もちゃんとシルバー。

f:id:happylife_r:20150512121739j:plain

 上下の可動域が尋常ではありません。

 もはや違う道具のようです。

 使い方無限大。

f:id:happylife_r:20150512121725j:plain

 シンプルなコントロールパネル。

 これでもかと言う位ボタンが付いた他社製品には、ちょっとげんなりします。

 これくらいシンプルが良いです。

f:id:happylife_r:20150512122507j:plain

 リモコンもシンプルです。

 メーカーの名前ではなく製品名が全面に出ているのも好きです。

f:id:happylife_r:20150512122533j:plain

 

f:id:happylife_r:20150512122539j:plain

 リモコンが、扇風機の裏にピタッとくっつきます。 

 「あれ、リモコンどこいった?」を防ぎます。

 これ地味ですが嬉しいです。 

 背面の持ち手にもメーカー名ではなく製品名が全面に出てるのが好きです。

f:id:happylife_r:20150512122107j:plain

 お待たせしました。

 機動させてみます。

 風量はこのシルバーボタンを左右に回して調整。

f:id:happylife_r:20150512122111j:plain

 風量を強くするとゲージが上がります。

 なんかカッコいいですね。

f:id:happylife_r:20150512174917j:plain

 そして、正面にはアロマケースなるものが付いています。

 このフエルトにアロマオイルを数滴垂らすと、風とともに心地よい香りが広がる仕組みのようです。

 これは買ってから気付きましたが、どう喜んで良いのか今はまだ分かりません。

 

▼扇風機でどこまで暑さを乗りきれるか、今から楽しみです!