読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

4ヶ月コーチングを受けてみて起こった変化~長年の課題を克服するツールへの変化~

コーチング

▼コーチとして仕事をしながら、同時にコーチングを受けている方は多いです。

 僕も昨年から4ヶ月以上、月2回程度のペースでコーチングを受けていますが、この短期間でも大きな心境の変化がありました。

 

▼ハイテンション期

 最初の頃はコーチングを受けるのが新鮮で、あれもこれも話したい!考えたいと!いう感じで、「コーチングすげぇ!!」というハイテンションが続いていました。

 

▼マンネリ期

 ところが、2ヶ月続けた位から、ちょっとマンネリ感というか、気の緩みが出てきました。

 コーチングセッションの当日になっても、

 「う~ん、別に今話したいことないし、どうしよー」

という感じでした。

 正直、目の前の仕事もあるので、しんどいと思ったこともあります。

 費用も発生するので適当に受けるのも勿体無いですし、しばらくお休みしようかと思ったこともあります。

 

▼ジワーっと楽しい期

 それでも受け続けていると、初期のハイテンションとは違う次元で、コーチングを楽しめるようになってきました。

 最初の頃の「コーチングすげぇ!」という楽しさではなく、ジワーっとした楽しさ。

 今はこの状態です。 

 

▼なぜ楽しめるようになったか?

 それは、僕の長年の課題を克服するツールとして使えるようになったからです。

 

▼僕の長年の課題とは、

 「考えを深めた方が良い/じっくり考えた方が良いというのは分かってるけど、目の前のことに忙殺されて、結局考えられないまま日々が流れていく」

ということ。

 簡単に言うと、「やろうやろうと思っているけど、やれない」ということの繰り返しでした。

 日記を書こうと思って挫折した経験は一度や二度ではありません。

 ライフログをつけていた時期もありますし(紙ノートもあればEvernoteも)、4行日記を書いていたこともあります。 

 

▼上手い人は、定期的に日記や振り返りノートを書いたりして、考え・想い・目標を整理したりするのでしょうが、僕はとにかくそれが苦手。

 日記やノートを書くという将来への種蒔よりも、今目の前にある収穫の方に目が行って我慢できないんです。

 

▼そこで、コーチングを受ける1時間を、

  • 考えを深める時間
  • 自分の感情としっかり向きあう時間
  • 自分の考えや想いを整理する時間

と捉えることにしました。

 

▼こう捉えられた頃から、コーチングの機会を使って、考えを深めたり想いを整理できるようになりました。

 相変わらずコーチング以外でそれをやるのは苦手ですが、少なくとも2週間に1回(時には3週間~1ヶ月に1回の時もあります)は、1時間というまとまった時間を取って、考えたり整理する時間を取れるので、まずは満足しています。

 しかも、コーチの手を借りるので、自分でやるより格段に質は高いです。

 

▼このサイクルに入ると、何が起こったか?

 日常の中で、

 「これはしっかり考えたい」

 「この感情や想いの奥には一体何があるんだろう?」

と思った時に、

 「これは次回のコーチングの時に考えよう/整理しよう!」

と思えるようになりました。

 その結果、「今考えられなくても、コーチングで考えれば良いや」と思えるので、無用に焦る事はなくなりました。

 「やろうやろうと思っているけど、やれない」というのは結構大きなストレスだったのですが、そのストレスからも解放されました。

 これは、本当に大きいです。

f:id:happylife_r:20150423084544j:plain

▼コーチングは、「1時間」と決まっているところが僕には合っています。

 僕にとっては、「1時間で終われる」という面よりも、「1時間はやる」という面に意味があります。

 

▼自分で

 「よし、これから1時間、ノートに目標を書いて整理しよう!」

と思っても、忙しかったりすると、

 「また来週でいいや」

 「20分で切り上げよう」

という甘えが出ます。

 ところが、コーチングは予定として入っています。

 極論すれば先延ばしはできるのですが、度々日程変更するのはコーチとの信頼関係も崩れますし、気持ちの良いものではありません。

 結果、良い意味で「甘え」を失くせます。

 

▼最後に。

 こうやって改めて書いてみると、自分がいかに面倒くさがり屋で、自分に甘いかということが分かります。

 マンネリ期には、コーチングを一回お休みしようと思ったこともあったのですが、続けて良かったです。

 初期の頃は、コーチングはイベントでした。

 続けたことで、コーチングは日常の中に溶け込みました。

 コーチングは、自腹を切って、自分のために受けているのですから、自分が使いやすいように、自分の人生がもっと豊かになるように使えば良いと思います。

 それは、クライアントとしてコーチングを受ける時にも思っていますし、僕がコーチをさせていただいているクライアントの方にもそう思ってもらいたいです。

 コーチングの力を借りなくても目標達成していける人も確実にいるので、全員に必要だとは思いませんし、合う・合わないもあります。

 ぜひ、自分に合った方法で、自分らしさを存分に発揮し、自分らしい人生を送ってください!

─────────────────

【無料メルマガ】

だいたい週1配信メルマガ登録はこちら。

・ブログより5割増ストレートな描き下ろしコラム

・最新情報など。

http://reo7.araioffice.jp.net/mailmagazine.html

─────────────────

こっからは宣伝!

コーチングクライアント募集中です。

無料のサンプルセッションもご用意しています。

しつこい勧誘を受けるのは嫌いなので、僕自身もしつこい勧誘は絶対にしません。ご安心を。

reo7.araioffice.jp.net