(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

編集者さんの前でプレゼンします~一発逆転より、確実に実力をつける~

▼今通っている出版塾の最終日、編集者さんの前でプレゼンさせていただく機会があります。

 

▼あと数日しかないのですが、今、そのプレゼンスライドや企画書と格闘しています。

f:id:happylife_r:20150224192409j:plain

▼昨年から企画書作りに取り組んできて、なかなかしっくり来ていませんでした。

 アドバイスを頂いたり、ウンウン考えたり。

 

▼ところが、先ほどスライドや見本原稿を作っていて、なんだかちょっとだけ、しっくり来ました。

 しばらく作業していなかった間に、何が起こったのでしょうか。

 まだまだ満足できる水準ではないのですが、ちょっとだけ気が楽になりました。

 そしてなんだか、楽しくなりました。

 

▼スライドと企画書は、明日が提出期限。

 最後まで頑張ります。

 

▼ただ、身も蓋もない話なのですが、スライドや企画書をどれだけ上手に仕上げても、本は、出せる時は出せるし、出せない時はどれだけ飾っても出せないんじゃないかな、と思っています。

 これは本に限らず。

 むしろ、中身が伴わない(実力が伴わない)段階で、外見を飾って認められてしまうのは、怖いです。

 

▼何をもって「実力が伴っているか」というのは、なかなか一概に言えませんが、『継続性があるか』というのが1つの基準です。

 1回や2回じゃなく、継続的に認められ続けることができるか、ということ。

 

▼結局、自分がどこを目標にしているかっていうことだと思うんです。

 僕なりに、「だいたいこういう感じで行きたいな」という目標がある。

 それなら、今、外見を飾って認められてしまうのは、危ういな、と。

 つまり、「中身を見てみたら、スカスカだった」みたいなことは絶対避けなきゃいけないな、と。

 

▼だから、今の実力をそのまま出して、それで認められたらそれで良いし、認められないならそれはそれで良いという感じです。

 

▼ただ、手を抜くとかそういう話ではありません。

 全力で行くからこそ、その時ダメでも、その後につながるからです。

 

▼だから、全力は尽くしますが、「ここでダメなら僕はダメだ~」みたいな気負いは全然ありません。

 昔は、そういう気負いばっかりでした。

 一発逆転を企んでいたからでしょう。

 

▼今は、一発逆転は、むしろ怖いです。

 逆転サヨナラ満塁ホームランより、確実にヒットを打っていける実力を付ける方が、大事です。