読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

【読者感想から学びを深める回】続・「haveよりbeで好かれる」という選択

▼昨日の記事に、複数のメッセージを頂きました。

 そのメッセージがとてもステキで、深い学びを頂きました。

 今日はメッセージを引用させていただき、学びを深めたいと思います。

【昨日の記事】

魅力的な人って、なんで魅力的なんだろう?~「haveよりbeで好かれる」という選択~

  

【メッセージ(Oさん(女性)より)】

 be…あり方や存在そのもの…ことばで表すことの難しい、はかりようのないものに魅力の本質があるのだと思います。
 そしてそれはひとりひとり違って置き換えようのないものだから、人と争い合うことのないものなんですよね。

beは「ひとりひとり違って置き換えようのないもの」。

 この言葉にジーンと来ました。

 

▼haveは、置き換えようの「ある」ものです。

 得るのが難しい肩書、実績、情報はあっても、「置き換えようのないレベル」というわけではありません。

 一時的にそれで関心を引けても、常に置き換えられる可能性があるんですね。

 

▼自分がドヤ顔でhaveをアピールした時、目の前の人がそれを余裕で超えるhaveを持っていたときの惨めさと言ったら、筆舌に尽くしがたいものがあります。

 僕にはありますよ、そういう経験。

 

他方、beの魅力は、人の数だけあります。

 なぜなら、この世に一人として同じ人間がいないからです。

 

▼「優しい」「一緒にいると落ち着く」みたいに、言葉にすると同じになってしまうのですが、そもそもbeの魅力は、100%言葉で表すことのできない魅力。

 言葉にした時点で、その魅力の何割かしか表現できません。

 だけど、beの魅力を分かってくれる人は、その言葉にならない魅力を、言葉を超えた次元で理解してくれています。

 

haveで好きになった人は、「○○だから好き」です。

 beで好きになった人は、「○○なのに好き」です。

 「なのに」の部分に、言葉にならないbeの本質があります。

f:id:happylife_r:20150213115348j:plain

【メッセージ(Hさん(男性)より)】
 共感の嵐の記事です。
 haveは誰にとってもわかりやすいから、haveばかりを求めちゃったりするんですよね・・・。

 確かに、一時的にはすごいといってもらえるけども、本当の魅力を持つbeの人の前では、haveの人間なんて脆くも崩れ去り、haveで認められようとしている自分が惨めにすら感じます。

 beの人間になりたいです!すごく。

▼haveの魅力で好かれようとする動機は、Hさんの仰るように、「haveは誰にとってもわかりやすい」ところにあります。

 ここに気付いて、依存しない決意をすることが、beで認められる存在になる大切な一歩かなと思います。

 

▼haveで好かれようとすると、セルフイメージが下がります。

 「あの人はあんな良いhaveを持っているのに、僕(私)は・・・」という風に。

 そのせいで、beの魅力まで霞みます。

 

▼「haveで認められようとしている自分が惨めにすら感じます。」という気持ち、凄く分かります。

 正直に言うと、僕は、「弁護士」というhaveで認められようとしてしまうことがあります。

 

▼弁護士という肩書は、分かりやすいです。

 「へぇ!弁護士さんなんですね!すごい!」と言ってもらえます。

 だけどある時、弁護士というhaveで認められようとしている自分が惨めになってきました。

 

▼「弁護士だから魅力的ですね!」よりも、

 「夢に向かって頑張っているあなたは魅力的ですね!」の方が100万倍嬉しいです。

  

▼追伸

 以前、千田琢哉さんのブログにこのブログへのリンクを貼っていただいたことがあります。

 それでこのブログを知り、毎日読んでくださっているという読者の方からメッセージ頂きました。

 千田さんファンの方に読んでいただけるなんて、夢のようです。

 

今日のトリガークエスチョン

 あなたの人生の歯車を回す、トリガー(引き金)となる質問をします。

 Q,あなたのbeの魅力は何でしょうか?親しい人に勇気を出して聞いてみてください。

 

■メッセージ(全力で読ませていただきます)

 トリガークエスチョンへの回答、気付き、考えたこと、疑問に思ったこと、感想等々、お送りください。