(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

とんでもない思い上がりをしていた過去~あなたが辞めたら、どうなるでしょうか?~

 1月に、「独立なんてとんでもない!」と思っていた僕が、なぜ独立を決意できたかというシリーズを書きました。

■思い上がり。

 正直に告白すると、

「僕が今辞めたら、勤務先はとんでもないことになるぞ!」 

と思っていた時期があります。 

 今思えば、とんでもない思い上がりで、傲慢で、身の程知らずです。

 

■なぜそんなことを思っていたのか?

 当時は、自分は凄く頑張って、凄く我慢していると思い込んでいました。

 それなのに、全くとは言わないまでも、”自分が望むほどには”評価されない。

 それでヘソを曲げて、分かりやすく言うと、

「誰も僕の頑張りを評価してくれない。僕が今辞めたら、大変なことになりますよ。分かってくれてますか?

 このまま評価してくれないんだったら、辞めちゃいますよ。

 だから、もっと僕の頑張りを評価してよ!」

 そういう、まるで子供のようなワガママな感情になっていたのです。

 

 今思えば、別に特別頑張っていたわけでもないし、毎月給与をいただいているわけですから、当然の働きをしていただけ。むしろまだ3,4年目ですから、一人前の口を利くには早いでしょう。

 それだけ身の程知らずだったのです。

 笑うかもしれませんが、そう思っていた時期があったのです。

f:id:happylife_r:20140731080724j:plain

■予想通りとんでもないことにはならなかった。

 尊敬する人が辞めていくことが何度かありました。

 しかし、翌日には何事もなかったかのように業務が回ってしまうシーンを何度も目の当たりにしました。

 長期的に見れば分かりませんが、少なくとも短期的には、誰が辞めても、とんでもないことにはなりませんでした。

 そういうシーンを目の当たりにする内に、「どうやら、僕が辞めたところで、とんでもないことにはならないな」と思うに至りました。

  実際、昨年末に僕が辞めて1か月経ちましたが、何も「とんでもないこと」にはなっていません。

 3,4年目の僕が辞めるより、今の僕(8年目)が辞める方が、まだ影響は大きいはずなのに、それでも一切「とんでもないこと」にはなっていません。

 今の僕にとっては、「とんでもないことにならなかったこと」は、100%予想通りでした。

 

 ただ、今思えば、「僕が辞めたってとんでもないことにならない」という抗い難き現実に虚しさを感じていたのかもしれません。

 だからこそ僕は、独立を選んだのかもしれません。

 

■あの時辞めなくて良かった。

 僕は、思い上がっている時に辞めなくて良かったと、心の底から思います。

 なぜなら、その時に辞めていたら、「大変なことになってない現実」を見てショックを受けたでしょう。

 「あれ!?大変なことにならないじゃん!俺って必要なかったの!?」みたいに。

 

 更に、当時の僕は、全く自分を客観視できていませんでした。

 それは、ここまで読まれた方なら分かると思います。

 そんな状態で辞めていたら、その先は悲惨なものになっていたかもしれません。

 

■最後に。

 「誰が辞めても、とんでもないことにはならない」 

 このことは、人の価値とは関係ありません。

 あくまでも、組織とはそういうものだということです。

 

 翻ってあなたは、自分のことをどう思っているでしょうか?

 

 あなたが辞めたら、とんでもないことになるかもしれません。

 あなたが辞めても、とんでもないことにならないかもしれません。

 それは僕には分かりません。

 

 大切なのは、過小評価も過大評価もせず、あなたが今この瞬間、何を目指して生きるかです。

 

 今日はここまで。

 

【追伸】

 「誰が辞めてもとんでもないことにはならない」

 これは極めてありがたい事実。

 「あなたが辞めたら会社は潰れちゃいます!私たちを路頭に迷わせる気ですか!!」と迫られたら、それこそとんでもないことになります。

 

■今日のトリガークエスチョン

 あなたの人生の歯車を回す、トリガー(引き金)となる質問をします。

 Q,

 あなたが辞めたら、あなたの勤務先は、とんでもないことになると思いますか?

 その答えと、理由は何でしょうか?