読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

【後悔しない人生のために#5】緊急ではないけど重要なことを、日々の生活に取り入れるには?~「7つの習慣に学ぶ手帳術」を読んでⅡ~

後悔しない人生のために 書評/読書/本

■昨日書いたこと

 「なぜ、第1、第3、第4領域のことで日々は埋め尽くされ、中長期的に見て最も大切な第2領域(=「緊急でない」かつ「重要」なこと)をやれないのか?」について書きました。

【後悔しない人生のために#4】「やりたいけど、やれてないこと」は何ですか?~「7つの習慣に学ぶ手帳術」を読んで~ 

 

 僕にとって第2領域のことは、例えばこれ。

 ✔ 夢をノートに書く

 ✔ そのノートを毎日見返して、夢実現に向けたアイディアを書く

 ✔ メルマガを読む

 ✔ 今すぐはしないけど、いずれやりたいことのノウハウを学ぶ

 ✔ 日々の気付きを書き残す

 ✔ ノートを見返して、振り返る

 ✔ 人に会う

 ✔ いつか出す本の原稿を書く、ネタを絞り出す

 ✔ 読書

 

■第2領域の特徴。

 昨日書いた通り、第2領域が他の領域と比べて後回しになってしまう理由は、「向こうからはやってこない」というところにあります。

  そして、やらなくても誰にも怒られないし、短期的には何の損もデメリットもありません。

 正に、将来自分のやりたいことに向けての種まきです。

 だから、「放っておいたらいつまで経ってもやれないこと/やらないこと」なんです。

 

■ではどうやって突破したらいいか?

 「第2領域のことをなかなかやれないことは分かったから、どうやったらやれるようになるか教えてくれ!」

 という心の叫びに対し、「7つの習慣に学ぶ手帳術」はこう答えます。

 あなたが、自らその重要性に気付き、自らの意志で行動しなければならないのです。

 「重要性には気付いてる!だけど行動できないから困ってるんだ!」という声が聞こえてきそうです。

 では、質問です。

 本当に、心の底から重要性に気付いていますか?

 「気付いている」にもレベルがあります。

 「やった方が良いと思うけど、やらなくても良いと思っている」というレベルから、「今やらないと、夢は叶わないと思う」というレベルまで。

 あなたはどのレベルで気付いているしょうか?

 答えは、あなたの中にしかありません。

 

 一度、夢を書き出してみると良いかもしれません。

 そもそも「本当にやりたいこと」は何なのか?

 今のままで「本当にやりたいこと」を成し遂げられるか?

 現実的に考えてみましょう。

 第2領域に該当することの重要性を認識するには、そのことが、どれだけ自分の人生にとって必要かを認識することです。

 

■次に、「自らの意志で行動する」という部分。

 重要性に気付いた後、実際に第2領域を日々に取り入れるためにはどうすればいいか?

 ポイントは、次の3つだと考えます。

 ✔ いちいち思い出さなくても、自動的に向こうからやってくる仕組み作る。

 ✔ 「やるか/やらないか」を判断しなくて良い仕組みを作る。

 ✔ 「どうやるか、何を用意すればよいか」を考えなくて良い仕組みを作る。

 

 人は、やらない理由を見つける天才です。

 ちょっとでも隙を与えると、やりません。

 だからとにかく、考えたり、迷ったり、判断する隙を排除します。

 まるで、与えられたミッションを愚直にこなす仕事人のように、淡々と完遂します。

 

 「自らの意志で行動するって言ってるのに、これだと自らの意志じゃないんじゃない?」と思われたでしょうか。

 しかし、こうやって仕組みづくりをすること自体、そして仕組みに従って行動することは、正に「自らの意志で行動する」ということです。

f:id:happylife_r:20141113155254j:plain

■僕が使っているツール。

 「7つの習慣に学ぶ手帳術」では、第2領域をやるために、その名の通り手帳を使っています。

 しかし僕は、Task Chute2というツールを使っています。

 Task Chute2は、先ほどの3つのポイントを満たすツールとして極めて有効です。 

タスク管理ツール・TaskChute2(PayPal決済)
 やり方を覚えてしまえばかなり便利なツールですが、最初は大変でした。

 僕が途中で投げ出さなかったのは、幸運にもjMatsuzakiさんにお会いする機会があり、これを使っているとうかがったからです。

 jMatsuzakiさんはかなりエッジの利いた方で、物凄いインパクトを受けました。

 jMatsuzakiさんが使っているツールということで興味を持ち、使い続けることができました。そして、実際使ってみてその価値を思い知りました。

jMatsuzaki
 

■Task Chuteの使い心地

 毎朝Task Chuteを立ち上げると、それをやる時間になると、

 「夢ノートを見て、夢実現のアイディアを1個でも書く」

 「今日の振り返りをノートに1行でも書く」

とか、第2領域のことがバンバン自動的に迫ってきます。

 唯一注意すべきは、Task Chute2を立ち上げるのを忘れないこと。それだけ。

 

 その日にやることしか入れていないので、「やるか/やらないか」を判断する余地はありません。

 その日にやれることしか入れていないので、「やれるか/やれないか」を判断する余地もありません。

 やり方も具体的に書いてあるので、「どうやるんだっけ?」と迷うこともありません。

 「○○作成」みたいな洒落たタスク名ではなく、「○○を見て、○○を書いて、○○する」みたいに、具体的な行動レベルで記載しています。

 

 もちろん、Task Chute2に予定を組み込む段階では、「どの時間だったらやれそうか」「何をやるべきか」という検討はしました。

 だけど、一旦設定してしまえば、後は自動的です。

 

 人間というものは複雑なようで単純なもので、自動的に迫ってくる仕組みができると、どんどんやれるようになります。

 お陰で最近は、随分第2領域をやれることが増えました。 

 

■どう始めるか?

 Task Chute2は、超絶便利ですが、いきなり始めるにはハードルが高いかもしれません。やってみて挫折して、やる気がなくなるのは本末転倒。

 まずは、「7つの習慣に学ぶ手帳術」を読んで、手帳で実践してみるのも良いかと思います。

 

 今日はここまで。

 みなさんが第2領域を日々に取り入れられることを願ってやみません。

 一緒に頑張りましょう。

 

■今日のトリガークエスチョン

 あなたの人生の歯車を回す、トリガー(引き金)となる質問をします。

 Q,あなたにとっての第2領域(緊急でない、重要なこと)は何ですか?

  第2領域のことを日々に取り入れるために、あなたができる「仕組みづくり」は何ですか?