読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

【後悔しない人生のために#1】「将来成功した自分」がインタビューで語ることを、これからやろう!~「成功者3000人の言葉」(上阪徹さん著)を読んで~

後悔しない人生のために 書評/読書/本

「成功者3000人の言葉」(上阪徹さん著)より

 ある経営者が、「成功を目指している若い人にメッセージを」と質問されてこう答えられたそうです。

 「自分がヒーローインタビューを受けているところをイメージしてみればいいんじゃないですか。そうすれば、わかると思うんですよ。

 もし今、インタビューで語るに足る内容がなかったとすれば、まだまだ成功には早い、ということです。

 いつか成功したいなら、ヒーローインタビューに答えられるような体験を求めればいいと思うんですよ」

 ■「ヒーローインタビューに答えられるような体験を求めればいい」とは?

 一瞬、「インタビューで語れる格好良いネタを作りなさい!」みたいな話だと誤解しそうになります。

 そうではありません。

 経営者の話を受け、著者がこう述べます。

 ここに核心があります。

 うまくいっている人はみな、インタビューに答えられるだけの経験をしている、ということです。人の心を動かせるだけの体験や物語がある。

 「うまくいっている人にインタビューしてみたら、偶々、インタビューに答えられるような経験があった」のではありません。

 うまくいっている人はみな、そういう経験をしているんです。

 換言すれば、そういう経験をしているからこそ、うまくいっている人になれたんです。

 ということは、そういう経験が不足していれば、「まだまだ成功には早い」。

 だから、これからうまくいっている人を目指すならば、「インタビューに答えられるだけの経験」をしていけば良いんです。

 

■分かりやすく三段論法で考えてみましょう。

 三段論法は、

  大前提:AはBである。

  小前提:CはAである。

  結論:ゆえにCはBである。

 

大前提:インタビューに答えられるだけの経験をしている人は、うまく行っている(成功している)

小前提:私は既にインタビューに答えられるだけの経験をしている

結論:ゆえに私はうまくいっているor成功の日は近い

  

大前提:インタビューに答えられるだけの経験をしている人は、うまく行っている(成功している)

小前提:私はインタビューに答えられるだけの経験をしていない

結論:ゆえに私はまだまだ成功には早い

f:id:happylife_r:20150122174349j:plain

■改めて

 これからうまくいっている人を目指すならば、インタビューに答えられるだけの経験をしていけば良いと書きました。

 では、「インタビューに答えられるだけの経験」とは具体的には何でしょうか?

 それは、

 「『将来成功した自分』がインタビューで、『こうこうこういう体験があったからこそ、今の成功があります。』と答えそうなことにチャレンジした経験」

だと考えます。

 具体的に言います。

 成功に必要な要素・条件は、完璧には分かりません。

 そこで、

①「将来成功した自分」をイメージ(妄想)します。リアルに。

②その「将来成功した自分」は、「あなたはなぜ目標を達成できたんですか?」とインタビューされたら、どう答えるでしょうか?

 その答えを、具体的にイメージ(妄想)します。

 「こうこうこういうことがあったからこそ、今の成功があります」という内容を、具体的に。

 全部具体的に描けなくても大丈夫。

そこで妄想した「こうこうこういうことがあったからこそ、今の成功があります」と答えた内容に、これからチャレンジします。

 これが「インタビューに答えられるだけの経験をしていく」ということです。

 チャレンジすれば、それがうまくいった時はもちろん、うまくいかなかった時でさえ、「あのピンチを乗り越えたことが今の成功がある」「あの時は誰にも相手にされなかったよ」と語れる経験になるはず。

 

 一つ注意です。

 ヒーローインタビューを受けるタイミング(=「将来成功した自分」を、いつの自分に設定するか)というのは、いつでも良いんです。

 何十年後じゃなくても。

 3年後に達成したい目標があるなら、その3年後に達成している自分をイメージして、上記の①~③をやってみてください。

 人生で、何度でもヒーローインタビューを受けるつもりでいきましょう。

 実際受けるかどうかはどうだって良いんです。 

 

■ヒーローインタビューで答えられないことはやらない。

 もう一つ僕が意識しているのは、「ヒーローインタビューで語れないようなことはやらない」ということ。

 腹が立ったり、「一言言わないと気がすまない!」と思うことはあります。

 そういう時、ヒーローインタビューを受けている自分をイメージします。

 「いやぁ、一言言ってやりましたよ」と胸を張って言うでしょうか?言いません。すごいカッコ悪いです。

 それより、「一言言ってやりたい気持ちも一瞬ありましたけれど、それより自分がやるべきことがあると思って、そっちに集中しました。そしたら、そういう人のことはいつの間にかすっかり忘れてました。ハハハ。」と答えたい。

 そんな感じで、将来成功した自分が今この場面を振り返った時、ヒーローインタビューで語れない方は選ばない。語れる方を選ぶようにしています。

 この方法を使うと、一気に視野が広がります。

 狭い視野でこだわっていたことが、フッと軽くなります。

 

■最後に。 

 今この瞬間は、確実に未来につながっています。良くも悪くも。

 誰もがそれを知っています。

 だけど、僕も含め、いつの間にか、その意識が薄くなります。 

 だから、改めて、この経営者の言葉を噛み締めます。

 今日あなたは、将来目標を達成した自分が、インタビューで語りたくなるような1日を過ごしたでしょうか?

 僕は、まだまだです。一緒にがんばりましょう!