(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

出版塾の課題と格闘中〜出来ない自分に気付く恐怖〜

■課題。

 今通っている出版塾の課題で、出版企画書を作っています。

 中でも苦労しているのは、目次と見本原稿の作成。

 正に本に掲載される部分です。

f:id:happylife_r:20140930130103j:plain

■手が付けられない自分。

 課題は半月前に出されたのですが、なかなか手が付けられませんでした。

 時間的な理由はあるのですが、何より、心理的な抵抗が理由でした。

 

 「目次と見本原稿を書こうとして、全然書けなかったらどうしよう」

 「書いてみたけど、全然評価されなかったらどうしよう」

 そういう心理的な抵抗があって、「時間を置けば良いアイディアが生まれるかもしれない」なんて淡い期待を抱きながら、先延ばしにしていました。

 

■出来ない自分に気づきたくない。

 出来ない自分に気付くのって、本当恐いんですよね。

 理想は、「やってみて、出来る自分に気付く」。 

 だけど、出来る事ばかりじゃないので、「やらないから、出来ない自分に気付かずに済む」というのが、実は短期的には楽なんです。

 短期的に一番しんどいのは、「やってみて、出来ない自分に気付く」。

 これになりたくないので、なかなか手を付けられなかった自分がいます。

 

 新しいことにチャレンジする時って、似たようなものかもしれません。

 やっぱり、色んな理由があるにせよ、出来ない自分に出会うのって、恐いし、嫌なんです。

 だけど、チャレンジを恐がり過ぎると、結局出来ることしかやらなくなって、思考も人脈も凝り固まる気がします。

 

■着手してみて。

 話は戻りますが、結局、締め切りが迫ってきて、ようやく着手できました。

 着手せざるを得なかったというのが本音ですが・・・。

 

 書いてみると、書きたいことがドンドン出てきます。

 このブログを書いている時と同じ状態になります。

 荒削りながらも目次構成が出来ました。

 見本原稿もある程度出来たのですが、まだまだブラッシュアップが必要です。

 

 とりあえず、書くことは出来そうです。

 後は、書いたものがどう評価されるかですね。

 ここでも、評価されない自分に気付くのは恐いですが、恐がっていては成長も前進もありません。

 頑張ります!