(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

僕が思う、夢の見つけ方#5〜不可欠なことは、”行動”〜

■夢発見のために必要不可欠なこと。

 これまで4回に渡り、僕が思う、夢の見つけ方を書きました。

 実はこの4回の記事には、共通点があります。

 それは、一人で、頭の中で、机の上で出来ることばかり書かれているんです。

 だけど、頭の中でうんうん考えても、実は夢は見つかりません。

 夢を見つけるには、行動が不可欠です。

 「夢を見つけてから行動するんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、行動する過程で、夢の焦点がどんどん定まっていきます。

 行動することで、

 「あれ、これ、意外と面白く無いな」 

 「あれ、これ、めちゃくちゃ面白いな!」

ということもたくさん起きます。

 「やっぱりこれだな」と思うこともあります。

 

 ただ、いきなり行動ではなく、ある程度の方向性は必要。

 その方向性を決めるものを、4回に渡って書いてきました。

 

 だから、4回の記事を読んで、ピンと来なかった方。夢が固まらないなぁと思った方、心配しないでください。

 

 ある程度考えたら、次は行動に移してください。

 「行動」というと、すっごく大変なことだと思う人もいます。

 お金も、時間も、労力も相当掛かると思う人もいます。

 仕事を辞めなきゃいけないんじゃないかと思う人もいます。

 そして、拒絶反応のように、「ムリ!」と思ってしまいます。

 

 僕が言う行動は、そういう話しではありません。

 「新井さんは出来たかもしれないけど、僕(私)にはムリですよ」と思う人もいます。

 「僕だから出来た」ということは、絶対にありません。

 僕にできて、あなたにできない理由はありません。

 この話はまた次回以降書きます。

 

■行動できなかった僕。

 こうやって「行動」の大切さを力説している僕ですが、過去の僕は、まるっきりこれとは逆。

 たくさん本を読んだり人から話を聞いて、

 ・ 夢を持った方が良い

 ・ 夢を持つ、実現する過程には、こんな素晴らしいことがある

 そういう知識はどんどん増えていきました。

 

 だけど、全く実感もなく、正直言って、ピンときませんでした。

 なぜか?

 それは、行動に移していなかったから。

 本から得た知識はあっても、自分の行動から得た経験知が無かった。

 だから、夢は一向に見つからなかった。考えても、考えても。

  

 だからこそ、行動の大切さを力説しています。

 

■次回予告。

 次回は、僕が行動を起こす転機になった体験をご紹介します。