(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

僕が思う、夢の見つけ方#2〜最上位の夢を発見する鍵〜

■はじめに。

 前回、夢のピラミッド構造について書きました。

僕が思う、夢の見つけ方#1~大前提の理解・「夢」にはレベルがある〜 - 意識的に生きる。
 今日は、最も見つけるべき、そして最も見つけるのが難しい、レベル3の夢の見つけ方です。

 

レベル3の夢の見つけ方。

 見つけ方は色々あるはずですが、僕が考える有効な方法は、

 「for you経由のfor meの幸せが何か?を見つける」

 

 幸せには、「for meの幸せ」と「for you経由のfor meの幸せ」があると思います。まずそれをご説明します。

 

「for you経由のfor meの幸せ」とは?

1.自分が何かをする

2.それによって相手が幸せになったり喜んだりする

3.相手が幸せになったり喜んでいる姿を見て、自分が幸せを感じる

 これが、for you経由のfor meの幸せです。

 最終的にはfor me(自分のため)なのですが、それは、for you(相手のため)を経由するからこそ得られる幸せです。

 for youを経由するというところがポイント。

 「最終的には」for meというのもポイントです。

 

 例えば。

 僕は、無償で個人コンサルをすることもあります(仕事とは無関係)。

 人は、「忙しい中時間を割いて相談に乗るなんて、なんて良い人なんだろう」と言います。

 だけど、良い人だからやっているんじゃありません。

 

 一見for youですが、それによって相手に良い変化があったりすると、自分が幸せなのですから、for youを経由してfor meに行き着きます。

 最終的には自分が幸せなんです。だからやってるんです。

 換言すれば、「僕はただ、自分の幸せを追求しているだけ」。

 その過程で人も喜んでくれるのだから、こんな良いことはないわけです。

 

 もちろん毎回毎回相手が幸せになる訳ではないですが、その何割かでも実を結べば、その時の幸せは格別です。

 だから、やれるんです。

 僕は、純粋なfor youでは動けません。

 最終的に自分が幸せだと思えるから、やれるんです。

 今この活動が、もっと大きな「for you経由のfor meの幸せ」、換言すれば、自分の幸せにつながると知っているから、やれるんです。

 

 井上裕之さんの「一流の死に方」で、次の一節を見つけました。

 多くの人に貢献することで、いちばん幸せを感じられるのは自分自身です。

 だから自分をとことん高め、「より多くの人の役に立とう」と努力した人は、最高の幸福に満たされた最後の瞬間を迎えます。 

 これが、for you経由のfor meの幸せの仕組みだと思います。

 ただ闇雲に「貢献しよう」と思っても、そう簡単に続きません。 

 だからこそ、「なにをもって」貢献するかを見極めることが重要です。

 

 この、「for you経由のfor meの幸せ」を強く感じられるものが何かを考えます。

 お年寄りに席を譲って、お年寄りが喜んでくれる。

 これもfor you経由のfor meの幸せでしょう。

 だけど、もっともっと強くて深い、自分らしいfor you経由のfor meの幸せを考えます。 

 

■「for meの幸せ」とは?

 誰かを幸せにした、誰かを喜ばせた、そういうのとは無関係の、自己完結の幸せです。

 例えば僕は、革靴を買うと幸せ。

 だけど、「革靴を買って幸せ」というのは、誰かの幸せとは関係ありません。

 お店の売上になって、お店の人は喜びますが、お店の人が喜んでいるのを見て幸せなわけではなく、革靴が手に入って幸せなので、for you経由のfor meではありません。

 

 念のため言いますが、for meの幸せを否定する趣旨ではありません。

 for meの幸せはレベル3の幸せにならないということを言いたいだけであって、for meの幸せも存分に味わうべきだと思います。

 

■千差万別。

 for you経由のfor meの幸せを感じられること。

 それがレベル3の夢だと思います。

 何にfor you経由のfor meの幸せを感じられるかは、千差万別です。

 

 ある人は、医療によって病気が治って、患者やその家族が喜ぶ姿を見て幸せを感じるかもしれません。

 ある人は、自分が作った音楽によって、勇気づけられたり前向きになれたり、ライブに夢中になる姿を見て幸せを感じるかもしれません。

 ある人は、自分が作った料理やお菓子を食べて、嫌なことを忘れたれたり、笑顔になるのを見て幸せを感じるかもしれません。

 

 僕の場合は、僕が話したり書いたりしたことを見聞きすることで、その人の人生が好転するのを見て幸せに感じます。

 

 あなたにとっての、for you経由のfor meの幸せは何でしょうか?

 人と比べる必要はありません。

 立派である必要はありません。

 素朴に、自分が深く幸せだと感じる瞬間を思い出してください。

 

 次回は、for you経由のfor meの幸せを探すヒントを書きます。