(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

「かけた情けは水に流せ。受けた恩は石に刻め。」~小倉広さんからの学び~

▼僕は、小倉広さんの本が大好きです。

 

▼僕が書評コーナーを持っている月刊誌Leafでも、「会社で働く苦しみをなくすシンプル思考」をピックアップしたことがあります。

f:id:areo7:20140902123659j:plainf:id:areo7:20140902123703j:plain

「かけた情けは水に流せ。受けた恩は石に刻め。」

 という言葉をご存知でしょうか?

 僕は、1,2年前に小倉広さんの

 「僕はこうして、苦しい働き方から抜けだした。」

で知りました。今では、座右の銘の一つです。

 

 

 

▼実は僕は、長年この教えに反したことをしてきました。

 「これだけやってあげた」

 「あの時こういうことをしてあげた」

 そして心の中で恩返しを求め、思ったように恩返ししてくれないと、「あの人は恩知らずの人だなぁ」と思っていました。

 そうやって、「かけた情け」ばかりにフォーカスし、「受けた恩」に目が行っていませんでした。

 

なぜ、「かけた情」にばかりフォーカスしていたか?

 一つの理由は、僕自身、役に立てることが少なかったからではないかと思います。

 否、意識次第では役に立てることはたくさんあったはずですが、そもそも「恩を受ける」ことばかり考えて、情けをかけるという意識が低かったのでしょう。

 

▼そして、「僕はこれだけ頑張った→だから、これくらいの恩返しが無いと納得できない」という状態になっていました。

 

▼子供の頃、なけなしの100円を使って買ったガチャポンで、全然好きじゃない玩具が出てきた感覚に似ています。

 「なけなしの100円返せー!」みたいな。

 

▼ここ1年位の話ですが、少しずつ、人の役に立てることが増えてきたと感じます。 

 これは、「こういう方法で人の役に立てると幸せだ」ということを自覚出来た結果です。

 

▼すると、不思議なことが起こりました。

 役に立てる相手・機会が増えれば増えるほど一つ一つに対する執着は減り、「感謝して欲しい欲求」は弱まっていきました。

 

▼先ほどの例で言えば、1000円持っている中から出した100円なら、なけなしの100円を使った時のようなショックはありませんよね。

 更に2000円、5000円、1万円と手持ちが増えるにつれて、100円のショックは薄まっていきます。

 

▼かけた情けを忘れることすらあります。

 ある時ふと、「あの時はありがとうございました。」なんて言われます。

 そして、「あれ、何のことだったかな」あるいは「あぁ、あの件ね!」となります。

 僕は、これくらいが丁度良いと思っています。

 これくらいの方が、いちいち

 「あれに関して、あの人からお礼がないな」

 「僕はこんなにしてあげたのにな」

なんて執着・憤慨しなくて済みますから、楽です。

 

▼じゃあ、誰に対しても恩返しを求めずに情けをかけるかと言うと、そういうわけではありません。僕はそこまで善人ではありません。

 つまり、情けを掛ける時点で、相手は選びます。

 自分が、「この人に情けを掛けても良い」と思って情けをかけたのなら、その時点で自己完結する。そういうことだと理解しています。

─────────────────

 ブログ書けない日もほぼ毎日つぶやいてます。 

 よろしければフォローしてください!

 【Twitter】Reo Arai (@reo_arai) | Twitter

現在提供中の全コンテンツはHPまで! 

意識と行動で人生は好転する!

メッセージもお気軽に!

「今こういう状況なんですが、どれを受けるといいでしょう?」などのご相談・ご質問、応援メッセージ、取り上げて欲しいテーマなどもお待ちしております! 

Contact - 意識と行動で人生は好転する!