(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

正真正銘の「行動できない人」だった僕が、行動力を身に付けたシンプルな方法。

■行動することが大事。

 「行動することが大事」

 この話は、よく語られます。

 よく語られるというのは、それだけ簡単ではないからだと思います。

 

 僕は以前、正真正銘の「行動できない人」でした。

 グズグズと「行動しない理由」ばかり並べていました。

 

 ところが今では、

 「新井さんを見習って行動力を身に付けます!」

 「新井さんみたいに行動していきます!」

と言われることがあります。

 

 まさか自分が行動力のある人間だとは思っていなかったので、最初は、「この方は、別の人と間違っているんじゃないだろうか?」と不思議に思った程です。

 

 そんな、「行動できない人」だった僕が、今ではそれなりに行動できるようになりました。

 もっともっと凄い人はいるけれど、以前の自分と比べれば、進歩したと思えます。

 そんな僕なりの、行動するための秘訣を書きます。

 

■どうすれば行動できる人になれるか?

 どうすれば行動できる人になれるか。

 結論を言います。

 それは、「行動した結果、良い体験をすること」です。

 

 人は、どんなに本を読んでも、どんなに人から言われても、実際体験してみないと分かりません。

 だから、「行動すると、こんな良いことがあるんだ!」と体験してみるんです。

 体験してみると、次の行動を取れます。

 なぜなら、また良い体験をしたいからです。

 それを続けることで、行動の好循環が生まれ、行動することが当たり前の状態になります。

 

 なかなか行動できないのは、頭でグルグル考えているからです。

 頭で考えている限り、「行動しない理由」は次々と浮かびます。

 忙しい、時間がない、お金や時間がムダになったら嫌だ…という風に。

 

 だけど最初の一歩目は、「良い体験」をしていないので、なかなか踏み出せないですよね。

 だから、最初は、とにかく行動してみる。

 例えば、

 「信頼できるあの人が勧めてくれるから」

 「友達が誘ってくれたから」

 「あの人に会ってみたいから」

みたいなきっかけです。

 

 僕も最初はそういうきっかけで行動を始めました。

 「行動してみて、良い体験ができなかったらどうするの?」と思われたでしょうか?

 「良いかどうか」は、捉え方次第ですし、1回で100点満点を求めるのは過剰な期待です。

 何度かトライ&エラーは必要だと、最初から覚悟しておけばショックも小さいはずです。

 

■アンテナを張り続ける。

 もちろん、なんでも行動すれば良いわけではなく、一定の見極めは必要。

 そのために、情報収集です。

 「行動してみよう」という前提で日々アンテナを張っていれば、色んな情報が入ってきます。

 その中で、えいやっ!と行動してみるんです。

 

 行動できる人になりたいなぁと思っている方は、まずは、行動してみようという前提でアンテナを張り続けてみてください。

 行動できる人に、「どういう所に参加してるの?」と聞いてみるのも良いです。

 そして、アンテナに引っかかった情報を頼りに、勇気を出して、行動してみてください。

 一歩目は、怖いです。不安です。心細いです。

 それでも一歩踏み出して新しい世界を見てみるか、自分の知った世界を見続けるか。

 100%、自分で選択できます。