(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

スピーディーに仕事をする方法〜動かし続ける〜

■スピードを大事にする。

 誰でもそうだと思うのですが、僕も、仕事のスピードを大切にしています。

 先日書いた、出社して素早くエンジン全開にするというのも、その一つです。

1日の仕事で好スタートを切る方法。 - 意識的に生きる【毎日更新中】

■スピーディーに仕事をするには?

 スピーディーに仕事をするためには、(できるだけ)1日中スピードを落とさないことです。

 一旦スピードを落とすと、スピードを上げるのにエネルギーが要ります。

 ですから、そもそもスピードを落とさない。

 スピードを落とさないためには、頭も体もスピーディーに動かし”続ける”ことです。

 例えば・・・

・止まらない。

・ダラダラしない。

・仕事に対するネガティブな事を言ったり聞いたりしない。

・逃避しない。

  

■止まらない。

 頭も、体も、動かし続けます。

 例えば、エレベーターがなかなか来ない時は、できるだけ階段でいきます。あるいは、携帯でメールチェックしたり情報収集したり思考を巡らせて、頭を動かし続けます。

 

■ダラダラしない。

 体は動いていても、ダラダラ動くとスピードが落ちます。

 僕が常に気を付けているのは、歩く速度。

 ダラダラ、かかとを擦って歩くような歩き方をすると、途端にスピードが落ちます。

 歩くこと自体にスピード感が無いですし、それでスピードを落とすと、その後の仕事のスピード感に影響が出ます。

 

 姿勢も意外と大事です。

 電車なんかで、ダラーッと座ると、それだけでスピードが落ちる気がします。

 ランチ休憩でも同じです。

 

■仕事に対するネガティブなことを言ったり聞いたりしないこと

 「仕事やりたくないなぁ。」

 「こんな天気良い日に仕事なんてやってられないなぁ。」

 「やる気出ないなぁ」

 意外と交わしがちなこういう会話は、スピードを落とします。

 「仕事が嫌だ」と口に出してしまうことで、余計に嫌になります。

 思っても、口に出さないことです。

 どうしても口に出したい時は、信頼できる人に、「今は愚痴っても良い」と自分を許して、最後は前向きに締めることです。

 

■逃避しないこと

 上記のネガティブ発言と似ていますが、物理的・心理的に仕事から逃げないことです。

 逃げるということは、「やりたくない」が前提にあるので、スピードは確実に落ちます。

 

■慣れれば苦にならない。

 一つ一つは、小さなことです。

 何か一つやればスピードを落ちるというよりは、総合的なことです。

 

 「そんな気張ってやってたら、持たないよ」と思う方も居ると思います。

 しかし、僕は慣れだと思います。

 最初は疲れるかもしれませんが、慣れればそれが普通のスピードになります。

 スピーディーにやれるようになれば、その分働く時間も短くなるし、滞留するストレスからも解放されます。

 信頼を勝ち取れるかもしれません。

 

 「やってみようかな」と思われた方は、まずは行動を速く保つことをやってみてください。

 せかせか・バタバタではなく、颯爽と。

 

今日もお読みいただきありがとうございました!「読んだよ~」の合図にクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ