(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

「あの人がやってることは、僕も考えていた」と言わない。

■「僕も考えていた」と言わない。

 1年間動いてみて、自分なりに色んなアイディアを考えました。

 ある人のアイディアや、ある人がやっていることを聞くと、

 「あ、これ、僕も考えていたことだ!」

と思うことがあります。

 

 しかし、僕が思いつくくらいのアイディアなら、大勢の人が思いついて、既に大勢の人がやっているのは当たり前です。

 

 それなのに、やってもいない自分が、「僕も考えていた」「僕もやろうと思っていた」と負け惜しみを言うと、何の意味も無いどころか、格好悪い。

 「やろうと思ってた」と「やってみた」の間には雲泥の差があります。

 

■やってみる。

 ただ、反対に言うと、「大勢の人が思いついているからやってもムダだなぁ」と諦めず、実際やってみることでアドバンテージが得られることがあります。

 既に大勢の人がやっていることでも、実際自分もやってみることで見えるものがあります。

 (もちろんパクリはダメですけれど)

 

 「夢」に関するセミナーやコミュニティはたくさんありますが、自分がそれをやってみることで、たくさんの気付きや出会いがありました。

 ここでも、「動く」ことの大切さを痛感しました。

 

 小中学生の頃、「口を動かさずに手を動かしなさい!」と先生によく怒られていたのを思い出します。

 これは、意外と真理を突いていると思えてきました。 

 

【関連記事】

「やった人」と「やろうと思った人」の大きな差~その差を生むものは?~ - 意識的に生きる。

 

1年間動いてみて分かったことを書きました。 - 意識的に生きる。

今日もお読みいただきありがとうございました!「読んだよ~」の合図にクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ