(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

100冊の本を出す。

 僕は、出版を1つの大きな目標にしています。

 そのこと自体はここ1年ほど口にしてきました。

 

 どういう本を書きたいかは決まっています。

 「意識と努力次第で人生は好転できる」という内容です。

 

 ただ、

 「いつ本を出すか」

 「どういう作家になるか」 

などの具体的なことは描けていませんでした。

 

 実は、「わざと」描かなかったのかもしれません。

 

 「何年後に出版する」と決めてしまうと、それがプレッシャーになるんじゃないか。具体的に決めてしまうと、叶った・叶わなかったということが明確になってしまうので、恐い。

 そういう弱気な気持ちがあります。

 

 それで、ある夢を語る会に参加した時、思い切って、具体化しました。

 そして、

 「死ぬまでに100冊出版する」

 「生涯書き続ける作家になる」

と決めました。

 まぁ、笑われるのを覚悟で。

 

 10冊だと、目指すには少しハードルが低い(もちろん物凄い高いハードルなのですが)。

 1000冊だと、高すぎる。

 それで、100冊にしました。

 100冊でもとてつもないハードルです。

 

 ただ、「1冊でいいから書きたい。あわよくば、5冊位。」という夢と、「100冊書きたい。」という夢は、取り組み方が全然違うはずです。そもそもの発想を変えないと書けないと思います。

 それで、100冊にしました。

 1冊目は、2018年です。今の仕事を満10年続けたことになるので、その節目です。

 

 1冊の出版でも難しいことは、素人なりに分かっています。 

 僕の強みが少ないことも、信頼している方に指摘してもらって嫌という程分かりました。

 だけど諦められないのだから、仕方ありません。

 やるしかありません。

 

 不思議なもので、具体的な目標を掲げると、「どうすれば実現できるか?」というアンテナが立ちます。

 最近尊敬する本田健さんの「作家になれる人、なれない人」を拝読しましたが、この本を読む時も、「本を出すにはどうすればいいのか?」を超えて、「100冊出すにはどうすればいいのか?」という視点で読めました。

 

 普通じゃない人が普通じゃない結果を出しても面白くありません。

 普通の人が普通じゃない結果を出すからこそ面白いんです。